株式会社グローバルインフォメーション


国際学会 「ハイコンテント分析学会および表現型スクリーニング学会 2016年」(CHI主催)の参加お申込み受付開始



先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2016年2月11日~12日 米国、サンディエゴにて開催されますCambridge Healthtech Institute主催 国際学会 「ハイコンテント分析学会および表現型スクリーニング学会 2016年」の代理店として参加のお申込み受付を10月9日より開始致しました。

13年目を迎えるCHI主催のHigh-Content Analysisは、ハイコンテント分析 (HCA) の応用と技術の最新動向を紹介する重要イベントであり、新たなプログラムを加えたうえで、前回に続き米国カリフォルニア州サンディエゴで開催されます。この数年、HCAの技術は熟成が進み、化合物のスクリーニングや評価、機能分析など多くの分野で導入されるようになっています。今度の学会では、3Dモデルや生理学的に適切な錯体モデルのスクリーニング、超高解像度ハイスループットイメージング技術、先進的な画像解析とデータ管理、新たなアッセイと応用技術など、技術開発の新たな段階が焦点となります。また、同時併催される第2回Phenotypic Screeningでは、表現型スクリーニングと標的ベーススクリーニングの利点、アッセイ開発、生理学的に適切なモデルの選定、後続標的の同定などが焦点となる予定であり、大手製薬会社での表現型スクリーニングのケーススタディも披露されます。出席者は、High-Content AnalysisとPhenotypic Screening両方のセッションに参加することが可能であり、最先端の研究成果についての発表を聞いたり、展示会ホールで新たな技術に触れたり、ユーザーグループの会議やディナーコースに参加したりすることができます。

主なトピック

・表現型スクリーニングを利用した創薬のケーススタディ
・3次元細胞培養のハイコンテント分析と表現型スクリーニング
・オルガノイド、器官型初代細胞、iPS細胞、スフェロイド (球状体) を含むスクリーニングの新たなモデル
・アッセイ開発とHCA分野におけるケーススタディ
・標的と経路の同定と検証
・表現型スクリーニングとハイコンテントスクリーニングのためのデータ解析
・ケミカルゲノミクスとケミカルプロテオミクス
・定量的システムズ薬理学
・生細胞イメージング技術
・超高解像度イメージング技術

株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、韓国語、中国語で「ハイコンテント分析学会および表現型スクリーニング学会 2016年」の情報を提供するとともに、学会の参加のお申し込みを承っております。

学会:「ハイコンテント分析学会および表現型スクリーニング学会 2016年」
開催日:2016年2月11日~12日
開催地:米国、サンディエゴ:Hilton San Diego Resort & Spa, San Diego, California
概要はこちら: http://www.giievent.jp/chi335380/program.shtml

≪本件に関するお問合せ先≫
Cambridge Healthtech Institute代理店
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
年賀状
ランドセル