東北芸術工科大学


中学生が身近な課題・問題の解決策を「デザイン思考」でプレゼン提案
初開催の全国中学校デザイン選手権大会は宮城県仙台二華中学校が優勝



優勝した宮城県仙台二華中学校のプレゼン

優勝した宮城県仙台二華中学校のプレゼン

中学生の視点で、普段の生活や暮らし、地域など身近にあるものの中から問題・課題を見つけ、その解決方法を提案する「全国中学校デザイン選手権大会(通称:デザセンJr.、主催:東北芸術工科大学)」プレ大会の決勝大会を10月24日(土)に開催しました。山形県・宮城県の7校69チームより応募があり、9月の一次選考の結果、3校3チームが行われる決勝大会に出場。下記の結果となりました。


●最終結果

優勝 宮城県仙台二華中学校 「学ぼう!新しい自転車マナー」

準優勝 長井市立長井南中学校 「長井南中学校図書室改造計画」

第3位 山形市立第六中学校 「人と動物」

この大会は、1992年に設置された「東北芸術工科大学」の存在を全国に発信するとともに、1994年にスタートした「全国高等学校デザイン選手権大会(通称:デザセン)」の中学生版として開催するものです。次年度からの本格開催を見据え、今年度はプレ大会として開催したものです。

人口減少や高齢化、グローバル化など多様性が重視される社会が進むとともに、現中学1年生の世代からは大学入試センター試験が廃止されるなど、暗記や記憶といった「知識詰め込み型学習」から「思考力・判断力・表現力」が学びの成果として求められてきています。

デザインは、単にモノの色や形を決める行為ではなく、社会や日常の暮らし、または様々な仕事のなかで、問題を見つけ、解決案を具体的に提案していく一連のプロセスで、社会全体、全ての人が関わりを持つものです。

この大会は、中学生が「デザイン思考」に取組み、「思考力・判断力・表現力」の学びを体感することを目的としています。


●全国中学校デザイン選手権大会プレ大会

○テーマ
「明日の社会を見つめ、明日の世界を創造する」
中学生の視点で、普段の生活や暮らし、地域など身近にすでにあるもの中から問題・課題を見つけ、その解決方法をわかりやすく提案してください。

○決勝大会
日程|10月24日(土) 14:00~15:30
会場|東北芸術工科大学本館4階408講義室
※決勝大会進出の3チームが、1チーム5分間のプレゼンテーションを行いました。

関連URL:http://www.tuad.ac.jp/2015/10/52074/

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 優勝した宮城県仙台二華中学校のプレゼン 優勝した宮城県仙台二華中学校のプレゼン
  • デザセンJr.決勝大会風景 デザセンJr.決勝大会風景


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災