株式会社グローバルインフォメーション


「企業用ディープラーニング:ディープラーニングソフトウェアおよびシステム」 - 調査レポートの販売開始



株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「企業用ディープラーニング:ディープラーニングソフトウェアおよびシステム」 (Tractica発行) の販売を11月10日より開始いたしました。

ディープラーニングの企業用ソフトウェアの年間収益は、2015年の1億900万米ドルから、2024年に104億米ドルへ拡大する見込みです。市場は直接のソフトウェア支出に加え、サポートサービスやITハードウェア投資を含めたディープラーニングソフトウェア投資に促進され、年間収益は2015年から2024年の間に1,000億米ドルを上回る見込みです。

当レポートでは、15産業におけるディープラーニング市場について調査し、10年間の収益予測、ソフトウェア収益、サービス収益およびハードウェア売上の予測、デリバリー手段 (クラウド、デバイスおよびデータセンター) ・地域別の予測、および世界のディープラーニング市場における主要企業20社のプロファイルを提供しています。

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 市場課題
●市場成長推進因子
●市場障壁
●産業概要
●ビジネスモデル

第3章 技術課題
●マシンラーニング (機械学習) とディープラーニング (深層学習) の違い
●マシンラーニングの例
●ディープラーニングの例
●ディープラーニングはいかにして技術を変更するか

第4章 主要参入企業
●Apple
●Baidu
●Clarifai
●Declara
●DigitalGenius
●Ersatz Labs
●Facebook
●Google
●H2O.ai
●IBM
●Intel
●MetaMind
●Microsoft
●Mobileye
●Nervana Systems
●NVIDIA
●Qualcomm
●Sentient Technologies
●SignalSense
●Skymind

第5章 市場予測
●予測手法
●世界経済の成長率
●世界のディープラーニング市場予測
●ディープラーニングソフトウェア収益:デリバリー手法別
●ディープラーニングソフトウェア収益:産業別
●ディープラーニング主導サービス
●ディープラーニング主導ハードウェア収益
●結論・提言

第6章 企業総覧
第7章 用語
第8章 目次
第9章 図表
第10章 調査範囲・情報源・調査手法・注記
図表

【商品情報】
企業用ディープラーニング:ディープラーニングソフトウェアおよびシステム
Deep Learning for Enterprise Applications: Advertising Technology, Financial Services, Media, Manufacturing, Oil & Gas, Retail, and Other Enterprise Markets for Deep Learning Software and Systems
● 発行: Tractica
● 出版日: 2015年10月28日
● ページ情報: 85 Pages; 102 Tables, Charts & Figures

【当レポートの詳細目次】
http://www.gii.co.jp/report/trac344199-deep-learning-enterprise-applications-advertising.html

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル