東北芸術工科大学


「公民連携プロフェッショナルスクール第2期」
11月16日(月)より、受講生募集受付開始!
併せて、12月2日(水) 参加志望者向け無料セミナー/説明会を実施



地方の自立へ。第1期は56名が参加。今後3年で100の公民連携事業事例 創出を目指す!

公民連携プロフェッショナルスクール

公民連携プロフェッショナルスクール

日本初の公設民営方式で開学した東北芸術工科大学(学長 根岸吉太郎/山形県山形市 以下、「本学」)は、公民連携事業で先駆的な取り組みを行う一般社団法人公民連携事業機構(代表 清水義次/東京都品川区)と共同で、今後の縮小社会における公共のあり方を根本から変える新手法である「公民連携事業」を牽引していくことのできる人材を育成するため、専門社会人スクール『公民連携プロフェッショナルスクール(以下、「本スクール」)』を本年7月より展開しています。

この度、2016年4月から始まる本スクール第2期の実施に向けて、11月16日(月)より受講生募集受付を公式webサイトにて開始いたします。また、12月2日(水)には、参加志望者向けの無料セミナー/説明会を東京・明治神宮外苑にある東北芸術工科大学 外苑キャンパスにて実施いたします。

■ 「公民連携プロフェッショナルスクール」について
本スクールは、本学と公民連携事業機構が共同で企画・運営する、首長・行政幹部・現場職員・地方議会議員とそれらを目指す方々を主な対象とした、「公民連携事業」を専門的に学ぶための社会人スクールです。

「公民連携事業」とは、従来型の高投資・高コスト運営となる公共施設建設とサービスのあり方を根本的に見直し、「公共サービスで稼ぎだす」ことを念頭に、事業性を追求することで、自治体の公共負担をなくし、歳入を増加させ、雇用の拡大、公共サービスの充実に繋げる新しい都市経営手法です。

本スクールでは、公共と民間が協力し、「地域経営」という観点から税収・雇用の問題に切り込んで大きな成果をあげる岩手県紫波郡紫波町の「オガールプロジェクト(参考1)」や、北九州市小倉都心部の「リノベーションまちづくり(参考2)」といった先進事例をモデルケースに、それらを実践した「公務員」「議員」「建築家」「事業家」らが講師となり、また、eラーニングと短期集中型の集合研修を効果的に組み合わせることで、参加者は居住地域に関係なく学べ、知識や実用スキルと人的ネットワークの拡大が望めます。なお、本スクールでは方法論を学んだ受講生たちと公民連携事業機構が協力して、今後3年間で全国各地に100箇所以上の公民連携事業実績をつくることを計画しています。そのため、事前選考により本気で実践していく覚悟のある人材を選定します。第一期では、68名の応募があり、最終的に56名が受講に至りました。

本スクール公式webサイト http://ppp-ps.net/

■ 「公民連携プロフェッショナルスクール第2期」募集概要
・募集期間 : 2015年11月16日(月)~12月20日(日)
        ※お申込みに際して、事前選考がございます。
・受講形態 : eラーニング+集合研修
・受講料  : 40万円(税別)
・学習時間 : eラーニング
       (前半・後半それぞれ10科目程度+課題図書10点程度
        1科目は約20分×4点のレクチャー映像を基本として構成)
        集合研修   (連続3日間×2回)
・受講期間 : 2016年4月~2016年秋
eラーニングは指定期間内で個別学習、集合研修は夏と秋の指定日時に実施予定         
1、開校式                    <2016年4月予定>
2、eラーニングによる基礎学習(3~4ヶ月) 前半  <2016年4月~夏>
3、集合研修(連続3日間)               <2016年 夏>
4、eラーニングによる基礎学習(3~4ヶ月) 後半  <2016年夏~秋>
5、集合研修(連続3日間)               <2016年秋>

※eラーニングコンテンツは受講期間中ご覧いただけます。集合研修については、指定日時に、指定の場所にて実施のため、スケジュールをご調整いただく必要があります。集合研修の場所は、東京または公民連携事業を具体的に実施しているエリアでの実施を想定していますが、変更が生じる場合があります。なお、eラーニングまたは集合研修一方のみの受講はお受けできません。
※eラーニングを受講いただくためのパソコン等機材や環境の準備、課題図書の準備、ならびに集合研修時の宿泊先・食事・移動交通・個別の必要備品等に関わる費用はご自身にて対応をお願いいたします。本受講料には含まれません。
※eラーニングのテーマならびに課題図書の点数を変更する場合があります。
※お申し込みが規定数に達しなかった場合には、開講を見送る場合があります。

本概要は2015年11月時点のものであり、今後内容が変更となる場合があります。

■ 第2期 参加志望者向け「セミナー/説明会」について
◆日時    : 2015年 12月 2日(水) 19:00~21:00 (開場18:30から)
◆会場    : 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
        〒107-0061 東京都港区北青山1-7-15
◆定員    : 100名
◆申込方法 : 事前申込制(無料) 下記URLよりお申し込みください
◆申込先URL : http://ppp-ps.net/news/topics/411.html
◆申込締切 : 2015年 11月 30日(月)15:00 まで
◆登壇予定者:
清水義次(公民連携事業機構代表理事、アフタヌーンソサエティ代表取締役)
岡崎正信(公民連携事業機構理事、CRA合同会社代表社員)
木下斉  (公民連携事業機構理事、エリア・イノベーション・アライアンス代表理事)
馬場正尊(Open A代表/東北芸術工科大学准教授/建築家)

※席数の関係上、締切日以前に申込を終了させていただく場合があります。ご了承ください。
※イベントにご参加を希望される方は、公式webサイトよりご対応ください。
※ご参加にあたって、本スクールへ参加を志望されていることを前提とし、イベントを実施させていただきます。
スクールへの参加意向がなく、本イベントのみへのご参加はご遠慮いただきます。
本件詳細 http://ppp-ps.net/news/topics/411.html
参考1: 「オガールプロジェクト」について
参考webサイト http://ogal-info.com/index.php/project/dream/home

岩手県紫波郡紫波町で長期間置されていた町有地を活用し、公民連携方式で官民の複合施設や運動施設、公共施設、宿泊施設などを整備するプロジェクト。中核施設の一つであるオガールプラザは2012年にオープンし、1年で図書館を含む情報交流館に30万人、同施設内に併設されている産直紫波マルシェには21万人が来訪。町役場新庁舎、分譲住宅オガールタウンなどの開発も動き出しており、複数連鎖型の開発が実行されている。一見すれば従来型の開発事業のように見受けられるが、これらの事業自体が従来の開発先行型のプロジェクトとはまったく異なり、公共と民間の垣根を超えた、公民連携事業という形式で「稼ぐ公共インフラ」をエリア全体で実現している。


参考2: 「リノベーションまちづくり」について
・参考webサイト http://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/27200001.html

都心部の遊休不動産をリノベーションの手法を用いて再生することで、産業振興、雇用創出、コミュニティ再生、エリア価値の向上などを図る取り組み。北九州市小倉都心部のリノベーションまちづくりは、2010年度に策定された「小倉家守構想」に基づき、翌年度から小倉魚町を中心に官民が連携して取り組みの核となるリノベーションスクールが7回開催され、13件の物件が再生。これまでに300名を超える雇用が創出された。


<リリース内容・取材に関するお問合せ先>
東北芸術工科大学 東京事務所 外苑キャンパス事務室企画課 担当:山川・孫谷
E-mail : t-office@aga.tuad.ac.jp T E L : 03-5412-6106

関連URL:http://ppp-ps.net/

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 公民連携プロフェッショナルスクール 公民連携プロフェッショナルスクール
  • オガールプロジェクト オガールプロジェクト
  • リノベーションスクール リノベーションスクール



注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会
年賀状