学校法人近畿大学


故・宮下盛氏(第5代近畿大学水産研究所長)にリーダーアワードを授与 クロマグロの完全養殖研究に功績



代理で盾を受け取る家戸教授

代理で盾を受け取る家戸教授

近畿大学(大阪府東大阪市)は、今月17日に急逝した近畿大学水産研究所第5代所長の故・宮下盛氏に、「KINDAIリーダーアワード」教育・研究・スポーツ部門賞を授与しました。

本賞は近大で優れた功績をあげたリーダーに授与されるもので、宮下氏の受賞は生前から決定していたものです。

平成27年(2015年)11月29日(日)東大阪キャンパスにて開催された「KINDAIサミット2015」において授賞式を行い、学生時代から宮下氏の指導を受けていた水産研究所富山実験場長・教授の家戸敬太郎に、代理として盾と記念品を贈呈しました。

本学では、優れた研究者を突然失った喪失感に未だ包まれておりますが、ここに宮下氏の長年にわたる養殖研究の功績を称え、故人に今後の研究継続を誓いたいと思います。

【KINDAIリーダーアワード(教育・研究・スポーツ部門)受賞者】
宮下 盛 氏(水産研究所第5代所長・教授、昭和42年近畿大学農学部卒)
世界で初めて「クロマグロ完全養殖」を達成した近畿大学水産研究所を所長として牽引。平成26年(2014年)には、完全養殖クロマグロの種苗生産の安定供給と量産化に向け、大手商社、豊田通商株式会社との業務提携を拡大させた。平成27年(2015年)11月17日に急逝(亨年72歳)。

【「KINDAIサミット」「KINDAIリーダーアワード」について】
本学の卒業生(約50万人<平成27年5月現在>)の多くがビジネスリーダーとして社会で活躍されています。「KINDAIサミット」は、その日本の中枢で活躍している本学卒業生が集い、目指すべき目標に向かう姿を共に描き、共有する場として昨年から開催しています。今年は11月29日(日)に、「10年後へのビジョンと行動」をテーマとして開催しました。

「KINDAIリーダーアワード」は、「教育・研究・スポーツ」「経済」「文化・芸術」の3つの部門において、優れた功績を上げているリーダーを選出、表彰するものです。今年度は宮下氏のほか、「経済部門」西村松次氏(株式会社九電工代表取締役社長)、「文化・芸術部門」岸本欣一氏(人形浄瑠璃 七世 竹本住大夫)が受賞しました。

関連URL:http://www.kindai.ac.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 代理で盾を受け取る家戸教授 代理で盾を受け取る家戸教授



注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴