学校法人近畿大学


2/3(水)~5(金)地元中学生が近畿大学工学部で職場体験!~「職場」としての「大学」を見てみよう~



カウンターでの学生対応業務

カウンターでの学生対応業務

近畿大学工学部(広島県東広島市)は、平成28年(2016年)2月3日(水)~5日(金)の3日間、地元の中学生4人を受け入れ、大学図書館にて職員の日常業務を実際に体験する「職場体験学習」を実施します。

【本件のポイント】
●地元の中学生が「職場体験学習」として、大学職員の日常業務を体験
●大学職員の仕事や「働くこと」について肌で感じ、進路選択の一助としてもらう
●地域に根付いた大学としての社会貢献

【本件の概要】
今回、職場体験を行うのは、東広島市立高屋中学校2年の生徒男女4人です。本学工学部内にある図書館で、図書の受入作業や配架作業などを行うほか、図書の貸出・返却・文献複写受付などを行います。また利用者と接するカウンター業務では学生対応も行います。

普段、図書館の利用者側からは見ることができない、新規購入図書が本棚に並ぶまでの準備作業など、図書館の日常業務を3日間で一通り体験できるメニューを用意しています。

工学部が、東広島市立高屋中学校の生徒を受け入れるのは、平成18年(2006年)からはじまり、今回で8回目です。この体験を通じて中学生には、大学を身近に感じ、大学を知るとともに、大学職員という職業への理解を深めます。また、「働くこと」についても身をもって学ぶことで、将来の進路選択の一助としてもらうことを目的としています。

【関連リンク】
近畿大学工学部図書館
http://www.hiro.kindai.ac.jp/library/

関連URL:http://www.hiro.kindai.ac.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • カウンターでの学生対応業務 カウンターでの学生対応業務



注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー