学校法人近畿大学


2/11(木)~3/10(木)近畿大学硬式野球部学生ボランティア ペルーにて野球指導 ~JICA野球振興支援ボランティア連携の覚書に基づき~



昨年行われたペルー共和国での野球指導の様子

昨年行われたペルー共和国での野球指導の様子

近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成28年(2016年)2月11日(木)~3月10日(木)の期間、JICA(独立行政法人国際協力機構)との連携事業において、硬式野球部の学生12人をペルー共和国へ派遣、2月15日(月)より現地の青少年に野球の指導を開始します。

【本件のポイント】
●硬式野球部学生のペルー共和国への短期ボランティア派遣は今回で4年連続4回目
●今回は産業理工学部(福岡キャンパス)に加え、東大阪・広島キャンパスからも初参加
●近畿大学は平成26年(2014年)にJICAと「ペルー共和国野球振興支援に係る青年海外協力隊ボランティア事業連携」の覚書を締結しており、その一環となる国際貢献

【本件の概要】
近畿大学では、平成24年度(2012年度)からJICAの短期ボランティアとして産業理工学部(福岡キャンパス)硬式野球部員をペルーに派遣しており、現地の青少年への野球指導を通じて、スポーツの振興支援を行ってきました。

4年目となる今回は、産業理工学部だけでなく、東大阪キャンパスおよび広島キャンパスからも参加、ペルーにて野球指導や交流試合を行います。

■日  程:平成28年(2016年)2月11日(木)~3月10日(木)
■場  所:ペルー共和国リマ市
■派 遣 者:硬式野球部学生12人
     (福岡キャンパス9人、東大阪キャンパス1人、広島キャンパス2人)
■内  容:野球の楽しさを教え、野球人口をさらに増加させるための普及活動支援対象者(年齢別)
      および選手への技術指導支援、派遣期間中に開催される試合や大会の運営支援、デモンストレーション

【本件の背景】
近畿大学では平成24年度(2012年度)から、JICAの短期ボランティアとして産業理工学部の硬式野球部員をペルーに派遣し、少年野球の指導を行ってきました。その後平成26年度(2014年度)には、近畿大学とJICAとの間で正式に「ペルー共和国野球振興支援に係る青年海外協力隊ボランティア事業連携」の覚書を締結し、野球の楽しさを伝え、野球人口を増加させるための普及活動に大学全体で尽力しています。

今回の短期ボランティアは4回目となりますが、福岡キャンパスの学生に加え東大阪キャンパス・広島キャンパスからも参加、あわせて12人が派遣されます。派遣期間中には、近畿大学から野球部員をペルーに派遣するきっかけを作った、産業理工学部経営ビジネス学科准教授の黒田次郎も現地入りし、活動の視察やペルー野球連盟との打ち合わせなどを行う予定です。黒田はJICAの技術専門委員(野球)も務めており、長きにわたり野球の国際化をめざし、諸外国で野球の普及活動に従事しています。

また、過去にこのボランティアに参加し、その後JICAの青年海外協力隊員、日系社会青年ボランティアとして活動している本学産業理工学部の卒業生らが、昨年アルゼンチンから14人、ペルーから14人の青少年を引率して、7月24日(金)から東京都で開催された世界少年野球大会に参加しました。その後、7月30日(木)~8月1日(土)の期間、産業理工学部に来校し、硬式野球部の学生や地元の少年野球チームと国際交流を行いました。

本学はこれからも、JICAと協力し中南米の野球普及に貢献します。

【産業理工学部経営ビジネス学科准教授 黒田 次郎】
氏名:黒田 次郎(クロダ ジロウ)
所属:産業理工学部 経営ビジネス学科准教授
学位:MasterofArts
専門:スポーツマネジメント、スポーツ社会学
   プロ野球のドラフト制度、スポーツと国際交流について研究。野球の国際化をめざし、諸外国で野球の普及活動に従事。

【関連リンク】
産業理工学部准教授 黒田 次郎
http://www.kindai.ac.jp/meikan/1194-kuroda-jirou.html

近畿大学産業理工学部(福岡キャンパス)
http://www.fuk.kindai.ac.jp/

近畿大学工学部(広島キャンパス)
http://www.hiro.kindai.ac.jp/

関連URL:http://club.kindai.ac.jp/?m=club&n=1&c=taiiku-koushikiyakyu

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 昨年行われたペルー共和国での野球指導の様子 昨年行われたペルー共和国での野球指導の様子



注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風