東北芸術工科大学


ネット上で大きな話題となった卒業制作作品「書き時計」を2月23-28日に東京都美術館で再展示



Plock[プロック]制作風景

Plock[プロック]制作風景

インターネット上で大きな話題となり、多数のメディアで紹介されるなどしたプロダクトデザイン学科4年鈴木完吾さんの卒業制作作品「書き時計」(正式作品名:Plock[プロック])を、2 月 23 日~28 日に東京都美術館で開催する「東北芸術工科大学卒業・修了展 東京展」で、再展示いたします。

2015年の 4~8 月までの構想・研究期間を経て、10 月からの制作期間(実質 4 ヶ月)をかけた本作品は、鈴木さんが「人間がやったら単純なことでも機械がやったら大変なことを、機械にさせたらどうなるか」を卒業制作の研究テーマに、アナログ時計とからくり人形の原理を紐解き、鈴木さん独自が考えて設計した 407 個のパーツで構成されたものです。現在は未完成で、今後も研究を継続していく予定ですが、機械にたよらず木製の板から糸のこぎりで切り出した器用さと、研究への熱意と探究心は、同学科の指導教員からも高く評価されています。

今回の再展示会場は、本学の芸術学部美術科(日本画・洋画・版画・彫刻・工芸・テキスタイル・総合美術)の 2015年度卒業・修了生の成果発表展で、通常、デザイン工学部の展示は含みませんが、鈴木さんの時計作品を、テレビやインターネットなどでご覧になった方や、2月9~14日に本学で実施した「卒業/修了研究・制作 展」でご覧いただくことができなかった県外の皆様から、再展示のご要望と多くの反響を受けて実施することと致しました。

多くの皆様のご来場をお待ち申し上げております。

なお、会期中毎日、作者である鈴木さん本人によるデモンストレーション時間を設定いたします。
デモンストレーション以外の時間帯は静止状態での展示となりますのであらかじめご了承ください。

●デモンストレーション時間(予定)
10:30-10:45
11:30-11:45
12:30-12:45
13:30-13:45
14:30-14:45
15:30-15:45
16:30-16:45
※状況により、入場を制限する場合があります。
※上記の時間と回数は変更する場合があります。

◎「書き時計」(正式作品名:Plock[プロック])再展示 概要
展覧会名:東北芸術工科大学 卒業・修了展 東京展
会期:2016年2月23日(火)~28日(日) 9:30~17:30 (会期中無休/入場無料)
会場:東京都美術館(東京都台東区上野公園 8-36/TEL:03-3823-6921)
展覧会Web:http://www.tuad.ac.jp/2016/02/55581/

関連URL:http://www.tuad.ac.jp/2016/02/55881/

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • Plock[プロック]制作風景 Plock[プロック]制作風景



注目ワード
株主総会
ボーナス
梅雨