ツネイシLR株式会社


瀬戸内の‛春の和贅’を確かに味わい尽くす─ ジャパニーズダイニングSOBO 春章のお品書き



洗練された瀬戸内の‛和贅’(イメージ)

洗練された瀬戸内の‛和贅’(イメージ)

梅の花や河津桜が咲き誇り、衣替えを加味した身支度がせわしなくなってまいりました。
ベラビスタから望む瀬戸内海も、日に日にあたたかい南風を運んできてくれています。

そんな季節感たっぷりの和会席処 ジャパニーズダイニングSOBO では、春の訪れを体感することのできる充足の献立をご用意いたしました。

▼ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道
Japanese Dining SOBO(ジャパニーズダイニング ソウボウ)
http://www.bella-vista.jp/japanesedining_sobo.html

▼Japanese Dining SOBO 春章のお品書き
期間:~2016年3月31日(木)まで(予定)
<ランチ>
営業時間:12:00-13:30(L.O.)
http://www.bella-vista.jp/sobolunch.html
<ディナー>
営業時間:17:30-20:30(L.O.)
http://www.bella-vista.jp/sobodinner.html


メインは、広島県産牛ヒレ肉、サーロイン、神石高原ポークと、お肉を舌ざわり優しく、彩り豊かにお届けいたします。
各皿にあしらわれている野菜たちは、たらの芽、わさび菜、うるい、菜花、紅大根と、彩りのみならず春を告げる薫り豊かな顔ぶれ。

贅を尽くしたコースを筍御飯《ランチ》や、潮の風味たっぷりの漁師飯《ディナー》で締めくくれば、癒し系デザートたちが、気持ちの高揚を落ち着かせてくれるでしょう。

お肉だけではなく、お魚ももちろん顕在。
英名で Red dragonet(レッドドラゴン)と表される、姫鯒(ヒメゴチ)は見た目も鮮やかで甘みたっぷり、天ぷらでお召し上がりいただきます《ディナー》。


一皿一皿、食材の一点一点を確かに味わい尽くすことのできる、瀬戸内の‛春の和贅’。
春から始まるベラビスタのニュー・ストーリーに、期待せずにはいられません。



※上記は、消費税・サービス料込みの価格でございます。
※献立内容は、入荷状況・天候などにより予告なく変更する場合がございます。


■Japanese Dining SOBO(ジャパニーズダイニング ソウボウ)
地産池消、瀬戸内の恵みあふれる料理長おまかせの「旬の和会席」と「美しい朝食」。
瀬戸内の海の幸、山の恵み。 心安らぐ和の風情たっぷりの空間にて、その時もっとも味わい深い、季節感溢れる美食を和の手法でお愉しみいただけます。

■ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道
映画と文学と坂の街、尾道と、万葉の時代からの観光名所、鞆の浦の中間に位置する、大人のための隠れ家リゾート。穏やかな瀬戸内海を一望できる高台から眺める夕日やオーシャンビューのスパは、各界の著名人に愛されています。瀬戸内の海の幸、山の幸にこだわったお料理と上質なサービスをご提供します。



<お問い合わせ・ご予約>
ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道
Mail:bellavista@tsuneishi.com
Tel:084-987-1122
Fax: 084-987-2148
URL:http://www.bella-vista.jp/

関連URL:http://www.facebook.com/bellavista

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 洗練された瀬戸内の‛和贅’(イメージ) 洗練された瀬戸内の‛和贅’(イメージ)
  • 瀬戸内の恵みを贅沢にいただく(イメージ) 瀬戸内の恵みを贅沢にいただく(イメージ)
  • 生産者の顔が見える地物ばかりを使用(イメージ) 生産者の顔が見える地物ばかりを使用(イメージ)
  • 心安らぐ佇まい(イメージ) 心安らぐ佇まい(イメージ)
  • 落ち着いた和の佇まい 落ち着いた和の佇まい



注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル