日本電気株式会社


【NEC報道資料】 NTTドコモの商用ネットワークに仮想化モバイルコア(vEPC)を納入



2016年3月11日

NECは、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 薰、以下 ドコモ)が、2016年3月9日に商用運用を開始したネットワーク仮想化(Network Functions Virtualization:NFV)技術を適用したネットワークに、仮想化モバイルコア「vEPC(virtualized Evolved Packet Core)」などの通信ソフトウェアを納入しました。

今回、NECが納入したのは、LTE基地局を収容するMME(注1)やS-GW/P-GW(注2)などの機能を仮想化した「vEPC」と、LTEネットワークのライフサイクル管理(注3)を行う「VNF(Virtual network Function) Manager」といった通信ソフトウェアなどです。
これらのシステムの導入により、負荷に応じてコアネットワークの処理能力を柔軟に増減させたり(オートスケーリング)、ハードウェア故障時に自動的かつ短時間で復旧させたり(オートヒーリング)することが可能となり、コアネットワークの安定性や信頼性向上に貢献します。

NECは、このたびのドコモの商用ネットワークへの納入実績を活かし、「vEPC」や「VNF Manager」をはじめとした通信ソフトウェア・ネットワーク仮想化ソリューションをグローバルに拡販していくことで、NFV適用を推進し、通信事業者の高度な通信サービスの実現に貢献していきます。

【ドコモからの賛同コメント】
株式会社NTTドコモ 取締役常務執行役員 尾上 誠蔵氏から、次の賛同コメントを頂いています。
「NECをはじめとした業界を牽引する各社と共に開発したNFVが商用導入できたことを大変うれしく思います。ドコモは将来的にNFVをネットワーク全体に適用し効果を最大化することをめざします。このマルチベンダ環境のNFVの実現が、その第一歩となると確信しています。」

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

(注1) MME: Mobility Management Entity
LTE端末の位置登録や着信時の端末呼び出し処理、無線基地局間ハンドオーバといったモビリティ管理を行うノード
(注2) S-GW: Serving gateway LTE及び3Gシステムへアクセスを行う携帯端末の音声やパケットなどのユーザデータを処理するノード
P-GW:PDN gateway
コアネットワークとIMS(IP Multimedia Subsystem:マルチメディアアプリケーションをIPで実現するためのサブシステム)あるいは外部パケット網とのインタフェースを持つノード
(注3) LTEネットワークのライフサイクル管理
vEPCに代表されるVNFに対して、VNFの作成、起動、停止、更新、増減設等のライフサイクルイベントを実行する機能

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NEC テレコムキャリア企画本部
TEL: 03-3798-6141

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー