株式会社グローバルインフォメーション


国際学会 「液体生検学会」(Cambridge Healthtech Institute主催)の参加お申込み受付開始



先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2016年6月22日~24日 米国、サンフランシスコにて開催されますCambridge Healthtech Institute主催 国際学会 「The Liquid Biopsy Summit-液体生検学会」の代理店として参加のお申込み受付を3月16日より開始致しました。

米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催されるこの学会では、液体生検が未来の個別化医療の柱になると期待されている理由や今後の展望などについて専門家たちの見解を聞くことができます。

近年生体分子医薬の分野が、かつてない盛り上がりを見せています。最新の研究により、体内の複数の組織から放出された循環セルフリー (cf) DNAや細胞外 (ex) RNAを含む生物流体が特定されたほか、高感度で精度の高い次世代シーケンシング (NGS) 技術の急速な進歩により、各種の生体分子が健康体や病体、治療反応のなかで演じる役割の分析も可能になっているのです。しかし、生物流体をベースにしたDNA/RNA分析法には依然として大きな不安があり、液体生検を実用化し、日常の幅広い用途で利用できるようにするためには、こうした不安を解消するための取り組みが必要不可欠です。

シンポジウム 6月22日
・がんの血中循環マーカー:同定、評価、トランスレーションのためのツール

ディナーショートコース 6月23日
・分子指標:蛍光in situハイブリダイゼーション (FISH) 技術Stellarisと液体生検のための超選択的PCRプライマー

カンファレンスセッション 6月22~24日
・腫瘍学:臨床研究の段階へと進みつつある液体生検
・微量の核酸を捕捉、増幅、分析可能なツール
・がん以外の分野への展開:さまざまな標的に対応するための取り組み
・健康体および病体のなかで細胞外RNAが演じる役割の発見

株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、韓国語、中国語で「The Liquid Biopsy Summit-液体生検学会」の情報を提供するとともに、学会の参加のお申し込みを承っております。

学会:「The Liquid Biopsy Summit-液体生検学会」
開催日:2016年6月22日~24日
開催地: 米国、サンフランシスコ: Hotel Kabuki, San Francisco, California
概要、お申し込みはこちら: http://www.giievent.jp/chi351313/agenda.shtml

Cambridge Healthtech Institute代理店
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴