パナソニックグループ


9V型大画面「DYNABIG(ダイナビッグ)ディスプレイ」搭載のSDカーナビステーション新・ストラーダCN-F1Dを発売



パナソニック SDカーナビステーション 新・ストラーダCN-F1D

パナソニック SDカーナビステーション 新・ストラーダCN-F1D

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(以下、パナソニック)は、新たな発想で、9V型大画面カーナビゲーションを幅広い車種に取り付け可能にしたSDカーナビステーション「ストラーダ CN-F1D」を2016年6月上旬に発売します。

近年、カーナビゲーションの多機能化やユーザー層の多様化を背景に、見やすく、使いやすい大画面のカーナビゲーションが求められています。一方で、汎用サイズ(7V型)を超える大画面カーナビゲーションは車種別専用パネルが必要となり、取り付け可能な車種が限られています。
本製品は、本体部分が2DINサイズで、ディスプレイ部がコンソールから飛び出した状態になるフローティング構造の「DYNABIG(ダイナビッグ)ディスプレイ」(特許申請中)を新たに採用。これまで9V型大画面カーナビゲーションの取り付けが困難だった車種にも、車種別専用パネルを使用せずに取り付けが可能となり、カーナビゲーション選びの幅が広がります。さらに、フローティング構造によりディスプレイとドライバーの距離が縮まることで、視認性や操作性が向上します。

また、ディスプレイ部にはアルミ素材を使用したフレームを採用し、インテリア性の高いデザインに仕上げるとともに、ナビ・AV機能ではブルーレイディスクプレーヤーを搭載しています。
パナソニックは、「DYNABIG(ダイナビッグ)ディスプレイ」という新たな発想で、大画面カーナビゲーションの可能性を広げ、より多くのユーザーに快適なカーライフを提供して参ります。

<特長>
1. 車種別専用パネルを使用せず、9V型大画面カーナビゲーションが幅広い(144車種(※1))車種に装着可能。
2. 市販唯一(※2)、ブルーレイディスクプレーヤーを搭載。映画ソフトや録画番組が迫力ある映像で楽しめる。
3. ディスプレイ部がコンソールから飛び出す新コンセプト「DYNABIG(ダイナビッグ)ディスプレイ」を採用。
・ディスプレイがドライバーにより近づくことで、地図や文字の視認性、操作性が向上。
・アルミ素材を使用したインテリア性の高いデザインを採用。

※1 2016年3月20日現在。パナソニックのフィッティング調査による。
※2 2016年3月20日現在。パナソニックのストラーダ(国内市販ルート向けAV一体型カーナビゲーション)は市販カーナビゲーションで唯一ブルーレイディスクプレーヤーを搭載しています。搭載商品は本製品の他、2機種(CN-RX02WD、CN-RX02D)あります。

【品名】SDカーナビステーション
【品番】CN-F1D
【パネルサイズ】9V型ワイド
【BDプレーヤー】搭載
【希望小売価格】オープン価格
【発売日】2016年6月上旬
【月産台数】2,000台

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
オートモーティブ分野 お客様ご相談センター
TEL:フリーダイヤル 0120-50-8729(受付時間 9:00~18:30 365日)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 9V型大画面「DYNABIG(ダイナビッグ)ディスプレイ」搭載のSDカーナビステーション新・ストラーダCN-F1Dを発売(2016年3月29日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/03/jn160329-2/jn160329-2.html

関連URL:http://news.panasonic.com/jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • パナソニック SDカーナビステーション 新・ストラーダCN-F1D パナソニック SDカーナビステーション 新・ストラーダCN-F1D


このカテゴリーの関連ニュースリリース(製品)


注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴