株式会社グローバルインフォメーション


「自律走行車の世界市場の戦略的展望 (2016年)」 - 調査レポートの販売開始



株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自律走行車の世界市場の戦略的展望 (2016年)」 (Frost & Sullivan発行) の販売を3月30日より開始いたしました。

世界の自動車メーカーのうち80%が、「2016年中に自律走行技術のロードマップを完了させる」と述べています。ただし、単に製品を開発・供給するだけでなく、車両オーナーに優れた保有・走行体験を提供できるか否かが、市場での勝敗を分ける鍵となります。

当レポートでは、世界各国での自動運転車開発の現状や将来展望について分析し、現在の技術水準や今後の技術進歩の方向性、市場動向の推移と見通し、主要自動車メーカー・部品サプライヤーの取り組み、各国政府の規制・支援策、将来的な市場機会などについて調査・考察しております。

第1章 エグゼクティブ・サマリー
●市場概況
●経営者の主な関心・課題
●6つの主な予測

第2章 分析範囲・分類
●分析範囲
●車両の分類

第3章 自律走行車の主な市場・技術動向
●市場動向 (1) レベル2・レベル3の自律走行の実現
●市場動向 (2) 実用化への関門
●市場動向 (3) サプライヤーレベルでの業界再編
●市場動向 (4) 機能面・安全面での規制の変化
●技術動向 (1) LiDAR
●技術動向 (2) 48V電力網
●技術動向 (3) センサーフュージョン
●技術動向 (4) ディープラーニング (深層学習)
●技術動向 (5) 高解像度 (HD) マッピング

第4章 主要製品の分析:メーカー側
●SAE (米国自動車技術者協会) による定義と、メーカー側の位置づけ
●Audi:Piloted Driving
●BMW:Connected Drive Project
●Ford Motor CoとVelodyne Inc.との事業提携
●Mercedes Benz:Drive Pilot
●Tesla:Autopilot
●Volvo AB:Drive Me Project
●主要メーカーの競争力ランキング
●市場ロードマップ:概略
●各メーカーの出荷台数の予測:欧州
●各メーカーの出荷台数の予測:北米

第5章 主要製品の分析:サプライヤー側
●Boschの自律走行車に関するビジョン
●Continentalの自律走行車に関するビジョン
●Delphi:Vehicle-to-Everything (V2E)
●Mobileye:システム・オン・チップ (SoC)
●NVIDIA:ディープラーニング
●Texas Instruments:中核的能力
●Qualcomm:次世代型プロセッサ
●サプライヤー側の供給能力と選好

第6章 自律走行車の試験と規制
●米国:自律走行車の検査に関する法令の概略
●EU加盟国:自律走行車の検査に向けた取り組み
●アジア諸国:自律走行車の検査に関する規制
●比較分析 - メーカー・新規参入企業

第7章 各地域市場の傾向と分析
●欧州市場の概況
●北米市場の概況
●日本市場の概況

第8章 主な結論と将来展望
●主な結論と将来展望
●世界各国の主要な自律走行車計画の中心的課題
●法的免責事項

第9章 付録
●分析手法

【商品情報】
自律走行車の世界市場の戦略的展望 (2016年)
Strategic Outlook of Global Autonomous Driving Market in 2016
● 発行: Frost & Sullivan
● 出版日: 2016年03月03日
● ページ情報: 56 Pages

【当レポートの詳細目次】
http://www.gii.co.jp/report/fs354732-strategic-outlook-global-autonomous-driving-market.html

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
年賀状