パナソニックグループ


平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において科学技術賞(開発部門)を受賞



パナソニック株式会社は、「シリコンへテロ接合型太陽電池の開発」で、3名が平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)を受賞しました。表彰式は2016年4月20日に文部科学省(東京都千代田区)で行われる予定です。

【受賞内容】
テーマ: シリコンへテロ接合型太陽電池の開発

受賞者:
岡本 真吾(おかもと しんご) パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 ソーラーシステムビジネスユニット 技術開発部 部長
田口 幹朗(たぐち みきお) パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 ソーラーシステムビジネスユニット 技術開発部 総括主幹
つの※村 泰史(つのむら やすふみ) パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 ソーラーシステムビジネスユニット 技術開発部 主幹
※ 「つの」は「角」の旧字体

【開発技術の内容】
本開発では、n型単結晶シリコンの両面にi型アモルファスシリコンおよびp型、n型アモルファスシリコンを積層したシリコンへテロ接合型構造により、シリコン系太陽電池のエネルギー変換効率の飛躍的な向上を実現しました。

【開発技術の成果】
本開発により、シリコン系太陽電池のエネルギー変換効率の継続的な向上を成し遂げ、研究レベルにおいて、2014年に世界最高変換効率25.6%を実用サイズ(144平方センチメートル)で達成しました。また、量産においては、本開発技術を用いて製造したシリコンヘテロ接合型太陽電池と、それを生かす独自のモジュール化技術(高信頼性電極配線技術等)により太陽電池モジュールHIT(R)を製品化しています。高い発電性能と長期信頼性を実現したHIT(R)は、太陽光発電の普及に貢献し、各分野において高い評価をいただいています。

【パナソニックの取り組み】
パナソニックは更なる技術開発を進め、HIT(R)の高効率化、低コスト化に取り組んでいきます。加えて、HIT(R)をはじめとしたエネルギーマネジメント関連製品で、快適性と省エネを両立した住宅エネルギーソリューションを提供し、お客様価値の創出を実現していきます。

※ 「HIT」は、パナソニックグループの登録商標です。

■参考
文部科学大臣表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた功績を讃える制度です。その中で、科学技術賞(開発部門)は、我が国の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与し、実際に活用されている画期的な研究開発、もしくは発明を行った者を対象としています。

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 エナジーシステム事業部 ソーラーシステムビジネスユニット 技術開発部
電話:06-6908-1131(代表 受付9:00~17:30)

▼[プレスリリース] 平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において科学技術賞(開発部門)を受賞(2016年4月12日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/04/jn160412-1/jn160412-1.html

<関連情報>
・パナソニック 太陽光発電システム
http://sumai.panasonic.jp/solar/

関連URL:http://news.panasonic.com/jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(業績報告、技術・開発)


注目ワード
七夕
バーゲンセール
梅雨
海水浴