株式会社ヴァル研究所


ヴァル研究所、開発者向けAPI提供サイト「docomo Developer support」で「駅すぱあと」の交通検索APIを提供開始



イメージ画像

イメージ画像

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発・運営する株式会社ヴァル研究所(本社:杉並区、代表取締役:太田 信夫)は2016年3月28日(月)より、株式会社NTTドコモ(本社:千代田区、代表取締役社長:加藤 薰)が公開する開発者向けのAPI提供サイト「docomo Developer support」にて、「駅すぱあと」のデータ・機能を利用できる交通検索APIを提供開始しました。


■「交通検索【Powered by 駅すぱあと】」について
「交通検索【Powered by 駅すぱあと】」は、「docomo Developer support」にて提供している、公共交通機関の経路検索機能、駅情報の検索、時刻表情報の取得など、「駅すぱあと」が保有する様々なデータ・機能が利用できるAPIです。

ヴァル研究所は、約28年前から公共交通機関の経路検索システムとして提供している「駅すぱあと」のデータ・機能を、サービス開発者が扱いやすいAPIとして「docomo Developer support」にて無料で提供。サービス開発や新たな事業創出への助力、協創を目指します。

電車やバスの乗り換え案内や、乗り過ごし防止のアラームといった、快適な移動をサポートするアプリケーションなど、新たなサービス企画開発および既存サービスの拡張に、ぜひ「交通検索【Powered by 駅すぱあと】」をお役立てください。

「交通検索【Powered by 駅すぱあと】」:https://dev.smt.docomo.ne.jp/?p=docs.api.page&api_name=transportation_search&p_name=api_usage_scenario&ref=vNR


■「docomo Developer support」について
「docomo Developer support」は、株式会社NTTドコモが2013年11月11日(月)に開設した、開発者向けのAPI提供サイトです。株式会社NTTドコモや同社のパートナー企業が持つ様々なアセットを「API」として汎用化して提供し、開発者へ展開することで、新たな事業の創出を推進する協創プラットフォームとなっています。

「docomo Developer support」:https://dev.smt.docomo.ne.jp/


■「駅すぱあと」について
「駅すぱあと」は1988年にMS-DOS版として発売して以降、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースに、様々な利用形態に合わせた製品・サービスを展開しています。なかでも「駅すぱあと」のデータや機能をAPIとして提供する「駅すぱあとWebサービス」は、「駅すぱあと」の新たな活用法として、様々な企業や大学、個人にご利用いただいています。

・「駅すぱあと」ブランドサイト:https://ekiworld.net/
・「駅すぱあとWebサービス」紹介サイト:https://ekiworld.net/webservice/


■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社ヴァル研究所
広報担当:福井
TEL:03-5373-3529
FAX:03-5373-3510
E-MAIL:pr-office@val.co.jp


※記載されている会社名、製品名およびサービス名称は各社の登録商標または商標です。
※仕様や提供内容については予告なく変更となる場合があります。

関連URL:https://ekiworld.net/

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • イメージ画像 イメージ画像
  • 「docomo Developer support」ロゴ 「docomo Developer support」ロゴ
  • 「駅すぱあと」ロゴ 「駅すぱあと」ロゴ
  • プレスリリース(2016/04/15) プレスリリース(2016/04/15)


このカテゴリーの関連ニュースリリース(サービス、技術・開発)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
東日本大震災