パナソニックグループ


【パナホーム】 都市でくらす女性と家族がときめく3階建住宅 - 『Vieuno3s』新発売



『Vieuno3s』外観イメージ

『Vieuno3s』外観イメージ

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)は、都市部で販売が好調な多層階住宅『Vieuno(ビューノ)』シリーズとして、都市でくらす女性と家族がときめく3階建住宅『Vieuno3s(ビューノ スリーエス)』を2016年4月21日より発売いたしました。
あわせて、首都圏に次ぐ3階建住宅の市場規模を持つ関西圏での普及拡大を目指し、2016年5月17日に都市型多層階住宅の戦略営業拠点「Vieuno Plaza(ビューノプラザ)大阪」をオープン。商品力と販売力の両軸で3階建住宅のシェアアップを図ります。

▼『Vieuno3s』スペシャルサイト
http://www.panahome.jp/vieuno3s/

パナホームでは2011年9月に発売した重量鉄骨構造の『Vieuno』を、首都圏をはじめとする全国の都市部で“多層階住宅”として積極的に展開。工業化住宅としては最高(※1)となる7階建まで建築可能な技術力や、東京、神奈川などを中心に展開する戦略営業拠点「Vieuno Plaza」でのコンサル提案力により、賃貸併用住宅などの4階建以上の受注を順調に伸ばしてきました。一方、3階建の市場に目を向けると、4階建以上の市場に比べ、約10倍以上(約34,000棟/年(※2))のボリュームであることから、シェアアップを図るため、新商品『Vieuno3s』を投入します。

『Vieuno3s』は専用住宅、併用住宅としていかにお客様にとって魅力ある商品であるかに重点におき、さまざまな市場調査を繰り返し、開発してまいりました。今回、新たに、繰り返し地震に強い制震鉄骨構造を採用したほか、住まいの基本性能としてパナホームが追究し続けている「安心、快適、健康」の最新技術を結集。さらに「女性と家族のときめき」というコンセプトテーマでの3階建ならではのプランを多数ご用意。3階建でのシェアアップを目指します。

■Vieuno3s特長
(1)女性と家族がときめく「動線」「家事」「収納」プランを提案
(2)住宅性能表示最高の構造等級「3-3-2」を標準仕様とし、最大の空間力を実現
(3)多彩な屋根形状やシェードスクリーンで、個性的な3階建デザインを実現

■背景
2013年の消費税増税後、新設住宅着工戸数は約88万戸(2014年度)と冷え込みが続き、少子高齢化などの影響もあり、中長期的に減少傾向は続くと予測されます。一方、2015年1月の相続税改正を受けて、地価の高い都市部に土地や住宅を所有している方に対して相続税が課税される可能性が以前より高まり、課税対象額の減額を見込んで、賃貸や店舗・事務所併用住宅での資産活用を検討される方が増えています。
また、在来工法(RC構造)の工事費は東日本大震災後の復興工事の増加や、東京オリンピックに向けた工事増加に伴い、上昇傾向にあります。

一方、3階建市場には、大手住宅メーカーのみならず、さまざまな住宅会社や工務店が参入し、木造、鉄骨、コンクリートとあらゆる工法が混在しています。パナホームは、現状優位性のある4階建以上の分野を今後もあらゆる方面から開拓し、多層階住宅としての商品力強化を図るとともに、3階建市場にも新商品を投入することで、多層階住宅全体のさらなるシェアアップを図ります。特に、東京エリアに次いで大きな3階建市場である大阪エリアの開拓を目的に、全国で10拠点目となる「Vieuno Plaza大阪」を開設します。

■『Vieuno3s』特長

(1)女性と家族がときめく「動線」「家事」「収納」プランを提案

3階建住宅『Vieuno3s』の開発にあたり、利便性と情報の多い都市のくらしの中で、買い物をする際の購買決定権の大きさ、自分らしさを生かしたコミュニティ力や影響力など、積極的に毎日を楽しむ女性とその家族に注目しました。実際に3階建住宅にお住まいの女性、計412名(東京・名古屋・大阪在住)を対象に行ったWEB調査(※3)データからは、2階建に比べ1フロア多いことから、家の中を楽に移動しながら家事ができる生活動線や、きれいにくらすための収納へのニーズなどが浮かび上がってきました。
これらの調査結果を踏まえ、パナホームの家事をラクに楽しくする家事楽(R)(※4)や、くらしを心地よくするための空間創りによる自己実現など、女性とその家族が自分らしく、いきいきと輝く「ときめき」のあるくらしを実現する住まいを提案します。

(2)住宅性能表示最高の構造等級「3-3-2」を標準仕様とし、最大の空間力を実現

1. 安心のハードをベースに、家族の理想の将来を描いた住まいづくりが可能

『Vieuno3s』は、住宅性能表示の構造等級3種類(倒壊、損傷、風)がすべてにおいて最高等級の「3-3-2」を標準仕様としています。構造等級としては「1-1-1」が建築基準法の最低限守らなければならない基準であるものの、最高構造等級による住まいづくりを選択しました。
一般的には間取りにより等級が変動するため、間取りを優先し、あえて強さを最高等級としない場合も多く見受けられます。しかし『Vieuno3s』の構造計算では「安心のくらしは建物の構造から」の考え方で、例外なく最高構造等級「3-3-2」でのご提案となります。

2. 3階建工業化住宅で初めて(※5)「座屈拘束」の技術を採用した制震構造

高層ビルや大型構造物で使われる座屈拘束の技術を初めて3階建住宅に採用。1階、2階の耐力壁すべて(※6)を制震デバイスとした制震構造です。構造計算では評価しにくい繰り返し地震に対する「強さ」を、座屈拘束材と低降伏点鋼(6mm厚)の組み合わせによって大きな力を負担、吸収できる耐力壁としています。一般的な耐力壁に比べて枚数が少なくすむためプランニングの自由度が高くなります。

3. 業界最小(※5)15cmきざみのマルチモジュールシステムとコンパクトに設計された架構システムにより室内大空間を実現

縦も横も15cmきざみで調整可能な設計システムとコンパクトな架構システムでありながら、最高構造等級を実現できる優れた制震構造を採用。柱、耐力壁がなく、柱型も出ない室内大空間を実現する事ができます。また工業化住宅では対応が難しいとされる変形敷地にも、平面45度斜めカットシステムにより柔軟に対応します。

(3)多彩な屋根形状やシェードスクリーンで、個性的な3階建デザインを実現

3階建住宅は高さ制限等の法規制により、屋根形状への制限が多いケースもあります。『Vieuno3s』は大きく勾配屋根とフラット屋根の2種類から選べます。勾配屋根は多彩な寄棟、切妻デザインに対応。フラット屋根の場合、屋上にすることも可能。また、風を通しながら視線を遮る開閉可能なシェードスクリーンや、ルーバーなど、都市型デザインをつくる新アイテムも開発。光触媒タイル「キラテック」とともに、住まいの美観を末長く維持することができます。

(4)室内空気のきれいな住まい。世界初(※7)「住宅向けグリーンガード認証」を取得

『Vieuno3s』は、シックハウス症候群等の原因となる室内からの揮発性有機化合物(VOC)への対策も徹底。住宅の室内空気質を認証する「住宅向けグリーンガード認証」を世界で初めて取得しました。
また、呼吸器をはじめさまざまな疾患を引き起こすPM2.5(※8)等の微粒子をカットして、きれいな空気を住まいに取り入れる「エコナビ搭載換気システム HEPA+(プラス)」を標準仕様に設定。その効果は慶応義塾大学 井上教授との共同研究により、屋外に比べてPM2.5の室内濃度を5%~16%に低減できることが実証されています。

(5)業界トップクラスの「60年長期保証延長システム」を用意し、新築後の末長い安心と満足に貢献

●60年長期保証延長システム
保証においては、業界トップクラスの「60年長期保証延長システム」を用意。建物の構造耐力上主要な部分においては20年、雨水の浸入を防止する部分においては15年の初期保証に加え、所定の条件に基づき、引渡し後最長60年まで保証延長を行います。(※9)
●60年長期メンテナンスサポート
建物点検・調整においては、「60年長期メンテナンスサポート」を用意。このサービスでは、建物の引渡し後2年間を「アフターサービス期間」とし、定期的に住まいに関するアドバイスや時期に応じた点検・調整を行います。アフターサービス期間以降も、「フレッシュアップ点検」(最長60年目まで)を通じて、住まいの経過年数に合わせたメンテナンスのご提案や部品交換等のサポートを実施します。(※10)

■商品概要
商品名:『Vieuno3s』
発売日:2016年4月21日
構造:制震鉄骨軸組構造
参考価格: 参考プラン 標準本体価格 4,480万円(消費税込)
※延床面積185.91平方メートル(56.24坪)
※3階建
※準耐火仕様(シェードスクリーン・エレベータ・太陽光発電・蓄電池含まず)
※価格は、地域、延床面積および設備・仕様等により異なります
販売地域:北海道および一部地域を除く全国
販売目標:初年度800棟(3階建)

※1:工業化住宅において。2015年3月時点・パナホーム調べ
※2:2014年度 国土交通省 建築着工統計調査資料
※3:2016年1月~2月 既婚かつ有職の女性412名(20~60代、築20年以内 東名阪地区)パナホーム調べ
※4:家事楽はパナホームの登録商標です
※5:工業化住宅において。2016年3月時点・パナホーム調べ
※6:特殊形状の耐力壁は制震デバイスになっていません  
※7:2016年3月時点。パナホームの戸建住宅(標準仕様)を完工した状態で1カ月以内に、ULが「住宅向けグリーンガード認証」の規格に基づき室内空気濃度測定した結果等により認証を受けたもの。仕様により本認証対象外になる場合があります(個別物件を認証するものではありません)「グリーンガード」はUL LLCの登録商標です
※8:PM2.5は粒径が2.5μm(マイクロメートル)以下の微小粒子状物質の総称。1μmは1mmの1000分の1
※9:初期保証終了までの1年以内に、パナホームが点検の上、保証延長の条件となる有料メンテナンス工事を実施した場合に限り保証を延長します。保証延長における点検は、「60年長期メンテナンスサポート」の「フレッシュアップ点検」に基づいて実施します
※10:点検は、保証基準に基づき実施します。25年目点検より有料となります

▼[パナホーム プレスリリース] 『Vieuno3s』新発売(2016年4月21日)
http://www.panahome.jp/company/news/release/2016/0421.html

■お問い合わせ先
パナホーム株式会社 広報・宣伝部
〒560-8543 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
TEL 06-6834-1955
井筒 克彦・古矢 直美
http://www.panahome.jp/

<関連情報>
・[パナホーム プレスリリース] 日本初 戸建住宅換気システムの空気浄化性能を慶應義塾大学 医学部 井上教授との共同研究で実証(2016年3月18日)
http://www.panahome.jp/company/news/release/2016/0318-1.html

■「Vieuno Plaza大阪」について

拠点名:Vieuno Plaza大阪
オープン日:2016年5月17日
所在地:大阪府大阪市中央区

戦略営業拠点「Vieuno Plaza大阪」は大阪市の中心に位置し、多層階住宅の需要が見込まれ、法的建築制限や敷地の制約が厳しい都市計画法上の防火地域(路線防火地域)と準防火地域が入り組むエリアに開設。パナホームにおいては10カ所目の拠点となります。最高7階建はもとより、同地域に多い3階建潜在需要の掘り起こしに向けて、設計対応力に優れた都市型多層階住宅『Vieuno』の積極的な提案を行い、拡販を目指します。
また、「Vieuno Plaza」では、ネットワーク営業も展開。パナソニックグループの強みを生かした家電販売ショップ店との連携をはじめ、住宅展示場運営会社、金融機関、税理士、生命保険会社、不動産店など、ターゲットエリアに関係する様々な相手先と連携することで、接点強化策を実施。地元商店街への営業提案や、現場見学会・展示場への誘客、定期的なセミナーなどを行います。

※標準仕様とされている内容はパナホーム推奨のものであり、お客様のご要望・建築地域・販売会社、その他の要因により、採用・搭載されない場合があります。

関連URL:http://news.panasonic.com/jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 『Vieuno3s』外観イメージ 『Vieuno3s』外観イメージ
  • 多彩な屋根形状とシェードスクリーン例(1) 多彩な屋根形状とシェードスクリーン例(1)
  • 多彩な屋根形状とシェードスクリーン例(2) 多彩な屋根形状とシェードスクリーン例(2)
  • 多彩な屋根形状とシェードスクリーン例(3) 多彩な屋根形状とシェードスクリーン例(3)
  • 多彩な屋根形状とシェードスクリーン例(4) 多彩な屋根形状とシェードスクリーン例(4)
  • 「Vieuno Plaza大阪」外観 「Vieuno Plaza大阪」外観
  • 「Vieuno Plaza大阪」内観 「Vieuno Plaza大阪」内観



注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル