学校法人近畿大学


新入生の約75%がLINEを最も利用 7,000人を超える大規模アンケート 近畿大学



アンケートの結果

アンケートの結果

近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成28年(2016年)4月初旬に1年次入学生を対象にしたアンケート(7,355人)において、「最もよく利用するコミュニケーションアプリ」について調査しました。その結果、1位は「LINE」で、75.4%の学生が選択し、次いでは「Twitter」で17.6%の利用でした。一方「Facebook」は0.4%と、利用頻度が低いことが判明しました。

【ポイント】
●多彩な学部を擁する近畿大学の1年次入学生対象。7千人を超える大規模な調査
●およそ4人に3人がコミュニケーションアプリの中でLINEを日常的に最も利用

【アンケートの概要】
■対  象:近畿大学平成28年度1年次入学生のうち7,355人
     (医学部・農学部除く、短大含む)
■実施者 :近畿大学
■実施時期:平成28年(2016年)4月初旬(学部により日程は異なる)
■質問事項:あなたが普段、最もよく利用するコミュニケーションアプリは次のうちどれですか。

【総括】
本学総合社会学部学部長・教授、清島秀樹(きよしまひでき)※は「LINE利用が約75%というのは、学生達との普段の接触から私が得ていた感じとほぼ同じで、Facebookの人気の無さも予想通りである。これは、複数学部にわたる新入の大学1年生7,000人強を対象としたアンケート結果として、納得いく数値であろう。実際は、かなりの学生が、LINEは仲良しグループ内限定おしゃべり、Twitterはもっとオープンな情報発信、という具合に二つを使い分けていると思われる」と述べている。

実際1年次入学生へのヒアリングでは、「LINEは手軽で仲間意識が出るし、日常的な連絡に使っている。既読が分かるので便利」「Twitterは知らない人から情報がもらえるし、多くの人に発信もできる」という声があがった。

上記を踏まえると、今回のアンケート結果は以下の3点に要約される。

●LINEは日常的な連絡を仲間に発信する時に利用
●Twitterは情報の収集や、情報を広めたい時に利用
●LINEもTwitterも両方利用するが、内容により使い分けている

清島は、「このアンケートは授業が本格的に始まる前の1年次入学生に実施したものだが、LINE利用の割合は学年が進んでもあまり変わらないと推測される」と分析している。

※清島秀樹(きよしまひでき)
近畿大学総合社会学部学部長・教授 社会・マスメディア専攻 専門:哲学
現代のネット社会の現状を哲学的に分析する授業を行う。初音ミク、ニコニコ、YOUTUBE、Wiki、Twitter、Facebookなどの登場が生み出す諸現象について研究。

<参考>
所有しているスマートフォンの機種を尋ねる質問ではiPhoneが73.1%と最も高いことが判明。
[以下参考数値]
1位 iPhone73.1%、2位 Xperia10.8%、3位 上記にない機種を使用している3.9%
4位 AQUOS3.7%、5位 GALAXY2.4%、無回答2.4%、6位 ARROWS1.9%、
7位 機種がわからない1.2%、8位 Nexus 0.5%、9位 MEDIAS 0.1%

【関連リンク】
総合社会学部 社会・マスメディア系専攻 教授 清島 秀樹
http://www.kindai.ac.jp/meikan/239-kiyoshima-hideki.html

関連URL:http://www.kindai.ac.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • アンケートの結果 アンケートの結果


このカテゴリーの関連ニュースリリース(CSR、調査・報告)


注目ワード
運動会
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会