一般財団法人船井財団


グレートカンパニーアワード2016 受賞結果のお知らせ



グレートカンパニーアワード2016 受賞結果のお知らせ

税務申告を核に情報環境整備支援から経営支援まで対応する
北海道の酪農経営者の27.7%を支えるオーレンスグループ(北海道)が大賞

一般財団法人船井財団(代表理事 舩井勝仁)では『グレートカンパニーアワード2016』を開催し、受賞6社を選定しましたので発表いたします。

一般財団法人船井財団は、経営コンサルタントであった舩井幸雄の遺志を継ぎ、社会に著しい貢献が期待できる法人及び個人の健全な発展を支援し、社会の進展に寄与することを目的として設立されました。その活動の一環として『グレートカンパニーアワード2016』を開催し、受賞6社を選定させていただきました。
本年度は8,000社を超える選考対象の中から、各業界別に選りすぐられた28社の企業をグレートカンパニーとしてノミネートしております。さらに28社のノミネート企業の中から、特に優れた企業6社に各賞を贈らせていただきます。また、来たる2016年8月23日、株式会社船井総合研究所と共同で開催する『第90回経営戦略セミナー2016』会場において授賞式を行うとともに、今後、ウェブサイトや各種刊行物にて受賞企業の活動を紹介してまいります。

<グレートカンパニーとは>
社会的価値の高い「理念」のもと、その「企業らしさ」を感じさせる独特のビジネスモデルを磨き上げ、その結果、持続的成長を続ける会社のことです。そして、社員と顧客が「素晴らしい会社」と誇りを持つくらいの独特のカルチャーが形成されている企業を、グレートカンパニーと定義します(本アワードは株式会社船井総合研究所が創設した『グレートカンパニーアワード』(第1回授賞式は2010年2月23日)を引き継ぐ形で、5回目より一般財団法人船井財団にて開催、本年は7回目を数えます)。


『グレートカンパニー大賞』
オーレンスグループ(農業経営支援事業/北海道)

同社グループは北海道の東部に位置する標津郡中標津町で1971年に税理士事務所として創業し、現在では農業における情報環境整備支援や経営支援まで業務領域を広げ、北海道内の酪農経営者27.7%に相当する1,850人を支える農業コンサルティンググループへと成長されました。税理士の関与が少ない農業分野に特化し、税務申告を核として、酪農経営を行うために必要な『インフラとしてのネット環境の整備』『農協と連動した経理データの加工』『経営支援システムの導入』『売上(乳量)に直結する飼料の供給』をサポートしています。2001年の時点でクラウドシステムの開発および運用を手がけるなど、先進的な取り組みに挑戦したことが功を奏し、税務申告の一次産業シェアでは全国トップを誇ります。北海道を基点に日本の酪農・農業経営を取り巻く環境の飛躍的な向上を視野に活動する同社を評価し、『グレートカンパニー大賞』を贈らせていただきます。

『顧客感動賞』
株式会社都島葬祭(葬祭/大阪府)

同社は大阪市都島区でシェアトップの42%を誇る地域密着型の家族葬専門の葬儀社です。親身なサービスが特徴的で、年間200通を超えるお礼状が届くというエピソードをお持ちです。代表の北田享二氏は、ご遺族が会葬者の対応に追われ、故人と最期のお別れができずに疲れ果てている姿に疑問を感じ、家族葬という概念が普及し始めた2005年に業界に先駆けて家族葬に特化されました。スタッフは故人のお人柄や思い出などをご遺族から平均して約5時間にわたり、寄り添うように話を聞き、毎日の社内朝礼ではその日に施行されるお客様の情報や前日の振り返りを1時間、長い時では2時間もかけて共有するほど、お客様と向き合っています。ご遺族へのいたわりと故人の生前の思い出や趣味を反映した形式にとらわれない葬儀がお客様に感動を与えています。そして葬儀後にも担当者からご遺族へ心のこもったお便りを送られています。葬儀を究極のサービス業と捉え、その使命感から顧客に感動を与え続ける同社を評し『顧客感動賞』を贈らせていただきます。

『働く社員が誇りを感じる会社賞』
株式会社玉寿司(寿司調理販売/東京都)

同社は東京築地に本社を置く創業90年を越える老舗寿司企業です。業界の一般的な離職率が30%を超えるなかで、同社は離職率4%台という極めて高い社員定着率を実現されています。36年継続されている『社内すし技術コンクール』、毎朝の各店朝礼に加えて毎週月曜日に29店舗で行う『週一の全店合同朝礼』、社内研修はもとより外部機関の研修活用など、自己の成長を促す仕組みを複数備え、それを実直に継続することで従業員に成長実感を持たせています。一方で、1971年に日本で初めて手巻き寿司を考案したというチャレンジ精神は今も健在です。外国人観光客向けの『寿司にぎり体験サービス』の展開、女性に受け入れられるメニュー構成や店舗デザインを施したルミネや高島屋への出店といった業態開発や店舗開発による販路拡大にも積極的です。職人の技術伝承を大切にしながらも時流を取り入れることで、従業員満足と高い収益性を両立している同社に『働く社員が誇りを感じる会社賞』を贈らせていただきます。

『ユニークビジネスモデル賞』
株式会社ソニックガーデン(システム開発/東京都)

同社は2011年に創業した社員数14名のIT企業で、従来の企業形態に縛られていない「納品しない、出社しない、管理しない」スタイルに特徴があります。『納品のない受託開発』というネーミングがついたビジネスモデルは、月々定額方式で対応できる範囲の開発と運用を担う顧問契約の形式を採っています。同社は遠隔地でもリモート操作によって担当案件に携われるように仮想出社オフィス環境の『Remotty』を開発したことから、システム開発会社としては珍しく、社員はオフィスに縛られずに各々が好きな場所で仕事をしています。そして、社員の過半数がこの仕組みを利用していることから管理職はいません。評価制度もないことから、セルフマネジメントできる優秀な人材を獲得するため、エントリーしてきた人材の中から6ヶ月の選考期間をかけて厳選採用しています。これらの施策によって創業から現在まで退職者は出ていません。新しいビジネスモデルと新しい働き方を創造した同社に『ユニークビジネスモデル賞』を贈らせていただきます。

『社会貢献賞』
若尾製菓グループ(菓子製造・卸/岐阜県)

同社グループは創業80年を超える岐阜県の菓子製造・卸の会社で、近年、社会貢献活動に力を注がれています。2013年にはミャンマーに小学校建設資金を寄付されました。また、消費者の社会貢献意識の高まりに合わせて、ジースプレッド株式会社を設立し、商品購入代金のうち5%を発展途上国への学校建設資金として寄付できるお菓子を発売することで、一般消費者や法人が気軽に社会貢献できる仕組みを構築されました。この仕組みにより2015年9月には500万円を集め、バングラディッシュでの学校建設を実現しました。一方で、これまで観光地やテーマパークのおみやげ品製造などの下請中心だった業務範囲を、品質管理の徹底や健康食品分野参入でチャネルを増やすことで5期連続増収を続けています。2015年には工場新設、直売の店舗開発への投資もされました。収益性と社会性の相関性を持たせる仕組みを実現した同社に『社会貢献賞』を贈らせていただきます。

『業績アップ賞』
株式会社不動産SHOPナカジツ(不動産仲介・リフォーム・リノベーション/愛知県)

同社は愛知県で13店舗展開する不動産売買仲介の会社です。直近の7年間で売上を4億円から85億円まで21倍伸ばされました。不動産仲介業は中古住宅や新築住宅をそのまま販売することが一般的ですが、同社は店舗にモデルルームを構え、中古住宅の仲介時にリノベーションを提案して『注文中古住宅』として販売されています。同様に新築建売住宅でも、お客様の要望に合わせてリノベーションを施し『注文新築住宅』として販売しています。中古+リノベーション(注文中古住宅)分野では愛知県でシェア1位、全国でも3位(2015年リフォーム産業新聞社調べ)の実績を誇ります。同業間で同じ情報を取り扱うために差別化が図りにくい不動産仲介業で、新しい付加価値を加えることで業績を大きく伸ばした同社に『業績アップ賞』を贈らせていただきます。

<授賞式>
2016年8月23日(火) 於 グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
第90回 経営戦略セミナー会場にて開催されます。

取材・お問い合わせ 
一般財団法人船井財団
連絡先 TEL. 03-3490-5245 FAX. 03-3216-2253

関連URL:http://funaifound.or.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
シルバーウィーク
台風
CEATEC JAPAN
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭