日本電気株式会社


【NEC報道資料】女性のワークライフバランスを支援する「NECワーキングマザーサロン」を全国34か所で開催



「NECワーキングマザーサロン」の昨年度参加者の満足度

「NECワーキングマザーサロン」の昨年度参加者の満足度

2016年6月28日

NECは、ダイバーシティに関わる社会貢献活動の一環で、「NECワーキングマザーサロン」を本年6月から約半年にわたり全国34か所で開催します。

「NECワーキングマザーサロン」は、子育てをしながら働く、あるいは、働きたい女性を対象に、ワークライフバランスについて学び、社会復帰を支援することを目的として、NECが2007年からNPO法人マドレボニータ(注1)と協働で実施しているプログラムです。

本プログラムは、ファシリテーター(注2)のもと、参加者同士が対話することで、自身の不安を課題に変えて解決に導く対話型ワークショップであり、これまで延べ5,647名が参加しました。(注3)

さらに、本プログラムに対する参加者の満足度が高く、ファシリテーターとしての参加を希望する人数が増加しているため、本年度は、新たに鳥取県を開催地に加え、従来の25か所から34か所に拡大します。

NECは今後も、さまざまな個性を持つ個人がお互いを尊重し合い、個性に合わせて機会が与えられ、より力を発揮する「ダイバーシティ&インクルージョン」(注4)を推進していきます。

本年度のプログラムの概要は次の通りです。

1.開催期間:2016年6月~11月末

2.開催予定地:全国34か所
北海道北見市、栃木県宇都宮市、埼玉県さいたま市,川口市,越谷市、和光市、東京都千代田区,中央区,港区,新宿区,文京区,江東区,品川区,目黒区,世田谷区,渋谷区,中野区,杉並区,豊島区,北区,板橋区,練馬区,小平市,西東京市、神奈川県横浜市,川崎市,藤沢市、岐阜県岐阜市、愛知県名古屋市,瀬戸市、三重県桑名市、鳥取県鳥取市,米子市,倉吉市(注5)

3.ファシリテーター:13名

4.対象者:「母となって働く」というテーマに関心がある女性
職業、年齢、妊娠や出産経験の有無などに関わらず、どなたでもご参加いただけます。
申込みサイト
http://www.madrebonita.com/wordpress/?page_id=14719
※産後210日以内の子どもについては、同伴可

5.参加費:500円

6.内 容:「母となって働く」をテーマにした対話型ワークショップ

7.主 催:NPO法人マドレボニータ

8.協 賛:NEC

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

(注1) NPO法人マドレボニータ http://www.madrebonita.com/
マドレボニータとは、スペイン語で“美しい母”の意味。“美しい母がふえれば、世界はもっとよくなる”をキャッチフレーズに、産後女性の心と体の両方にアプローチする、日本初の産後ヘルスケアプログラムを開発、普及活動を行っている。
(注2) ファシリテーター http://blog.canpan.info/wms/
NPO法人マドレボニータによる研修を受講した一般公募で選出された女性。本プログラム及びマドレボニータの活動に共感し、全員がボランティアでの参画。研修受講後、自らが住む地域を中心に、公民館や文化センターなどで、6~11月末までの6か月間にわたり、毎月1~2回サロンを開催。
(注3) 2016年3月末現在。
(注4) 「ダイバーシティ&インクルージョン」
http://jpn.nec.com/csr/ja/diversity/index.html
(注5) 2016年6月28日現在。

<本プログラムに関して>
URL:http://jpn.nec.com/community/ja/resources/mother.html

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NEC コーポレートコミュニケーション部
CSR・社会貢献室
TEL:03-3798-9555
E-Mail:sco@csr.jp.nec.com

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 「NECワーキングマザーサロン」の昨年度参加者の満足度 「NECワーキングマザーサロン」の昨年度参加者の満足度



注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日
ゴールデンウィーク
春行楽