株式会社リンコム


リンコム、グループウェアとワークフローによる投資効果を発表



株式会社リンコム(本社:東京都台東区 社長:藤原信二)は、同社の開発販売するグループウェア、リンコム ネクストとワークフローシステム、ネクスト ワークフローの投資効果が極めて大きいとのレポートを発表しました。

このレポートは(株)ビック東海がまとめたもので、同社がリンコム ネクスト(グループウェア)とネクスト ワークフロー(ワークフローシステム)を導入した顧客先である社員数2000名の(株)TOKAIの実例をもとまとめたものです。このレポートによると、リンコム ネクストのファイル共有機能を利用したことにより毎月500時間の時間短縮が、またワークフローシステムをベースに構築した経費精算システムの導入により同じく500時間の時間短縮がはかれたとされています。

両者で年間12,000時間の時間短縮につながっており、仮に時間当たりのコストを2,200円とすると、時間短縮効果だけ取り上げても年間で2,640万円の投資効果があったことになり、一年で投資を十分に回収できた計算になります。この他にもFAXの通信費や紙など様々な効果が報告されています。
http://www.linkcom.co.jp/next/ROI.cfm

【リンコム ネクストについて】
統合型グループウェア「 リンコム ネクスト」はウェブ型グループウェアの登場以来9年という長い歴史と、甲府市役所、(株)パソナ、(株)パワードコム、フランスベッド(株)、横浜ゴム(株)、東映(株)、フジテレビなどの大企業が全社で採用しているのをはじめとして1200社を越える導入実績を持つ企業内外を結ぶ統合型グループウェアです。

統合型グループウェア「リンコム ネクスト」は次のような特長があります。
■スケジューラ、掲示板、施設予約など14の基本グループウェア機能を搭載
■ActiveDirectry連携をはじめ、各種のポータル機能を実装
■有償ソース公開対応なので、グループウェアのカスタマイズが可能
■データベースはSQLServerなどの汎用DB
■グループウェアのライセンスはCPU単位なので導入コストを抑えることが可能
http://www.linkcom.co.jp/next/3kinds.cfm

【ネクスト ワークフローについて】
「ネクスト ワークフロー」は「リンコム ネクスト」上で動作するリンコムが自ら開発・販売するWEBワークフローシステムです。(株)パソナ やエステー化学(株)を初めとして、中堅・大企業を中心に100社を超える企業で導入運用されており、その柔軟な申請フォーム設計とルート設定、システム連携性で高い評価をいただいております。さらに柔軟な対応をお望みの場合はリンコム ネクスト同様に有償で公開しているソースコ ードをご利用いただき貴社特有の業務に合わせてプログラムレベルでカスタマイズすることも可能な“超柔軟設計”のワークフローです。
http://www.linkcom.co.jp/peripheral/n_wf.cfm

【株式会社リンコム 会社概要】
●会社名 :株式会社リンコム
●設立日 : 1997年1月 
●資本金 : 1億2456万円
●代表者 : 藤原信二
●事業内容  : グループウェア・企業内ポータル・企業間ウェア製品『リンコム ネクスト』の開発・販売および関連のコンサルティング・受託開発・トレーニング事業
●ホームページ: http://www.linkcom.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社リンコム
営業統括部:野村剛志
電話:03-5246-6711
Email:sales@linkcom.co.jp

本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(製品)


注目ワード
ボーナス
七夕
バーゲンセール
梅雨
海水浴