日本電気株式会社


【NEC報道資料】ESG(環境・社会・ガバナンス)の軸で非財務情報をまとめた「CSRレポート2016」を公開



NEC CSR Webサイト

NEC CSR Webサイト

2016年7月29日

NECは、2015年度のCSR(企業の社会的責任)に関する取り組みと成果を「CSRレポート2016」としてWebサイトに公開するとともに、財務情報と非財務情報のハイライトを統合した「アニュアル・レポート2016」を発行しました。

NECは、持続的な成長と中長期的な企業価値向上に向けたCSRへの取り組みと成果を、2004年から継続的に発信してきました。
今回のレポートでは、ESG(環境・社会・ガバナンス)の軸で非財務情報をまとめることで、中長期投資家をはじめとするステークホルダーの利便性向上を図りました。また、ガバナンス体制強化の一環として発行した「NECコーポレート・ガバナンス・ガイドライン」についてもふれています。
さらに、NPO・NGOなどの社会セクターと、事業を通じた社会課題解決をテーマに、事業現場の責任者も交えて対話を行い、社会セクターからの提言書を掲載しました。

<CSRレポート2016のトピックス>
1.ESG(環境・社会・ガバナンス)を軸に非財務情報を開示
近年、欧米の機関投資家を中心に、投資先企業を、財務情報だけでなく、非財務情報も考慮して中長期視点で評価するESG投資が広がりつつあります。日本においても、世界最大の年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国連責任投資原則(PRI)に署名し、年金積立金の運用にあたってESG情報を考慮する方針を示したことで、ESGへの関心が高まっています。
これらを受け、今回のレポートでは、ESGを軸に、CSRへの取り組みと成果を開示しました。開示に際しては、Global Reporting Initiative(GRI)「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン第4版(G4)」の中核に準拠するとともに、当社が2005年に署名した「国連グローバル・コンパクト」の10原則、および、社会的責任に関する国際ガイダンス規格「ISO26000」も参照しています。

2.具体的な社会課題をテーマにステークホルダーレビューを実施
2011年度開始以降5回目となる、「ISO26000」に基づいたNPO・NGOなど社会セクターとのステークホルダーレビューを実施。事業現場の責任者などを交え、「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現にもつながる、当社の防災・減災ソリューション事業における社会セクターとのコラボレーション上の課題や、顔認証技術等のソリューション提供におけるプライバシー課題をテーマに対話を行いました。

3.「NECコーポレート・ガバナンス・ガイドライン」を発行
ガバナンス体制強化の一環として「NECコーポレート・ガバナンス・ガイドライン」を本年6月に発行。当社のコーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方や体制、ステークホルダーとの関係、情報開示方針や体制を明示し、2015年6月から適用が開始された、上場企業の企業統治の指針である「コーポレートガバナンス・コード」に対する当社の取り組みについても記載しました。

4.財務情報と非財務情報を統合した「アニュアル・レポート2016」(PDF版)を発行
IIRC(国際統合報告評議会)の国際統合報告フレームワークを意識したアニュアル・レポートを発行。NECグループがめざす社会価値創造についての考え方を説明した上で、「2015中期経営計画」の振り返りと、「2018中期経営計画」の方針・目標についての解説を記載しました。また、NECが定めた7つの社会価値創造テーマがSDGsの目標とも合致していることを明示しました。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

<NEC CSR Webサイト>
URL:http://jpn.nec.com/csr/ja/index.html

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NEC コーポレートコミュニケーション部 CSR・社会貢献室
eメール:csr@csr.jp.nec.com

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • NEC CSR Webサイト NEC CSR Webサイト
  • NEC アニュアル・レポート NEC アニュアル・レポート



注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災