株式会社フォーバル


フォーバルは、エスキュービズム・テクノロジー社のSaaS型タブレットソリューション事業を譲受!



企業経営を支援する次世代経営コンサルタント集団である株式会社フォーバル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中島 將典)と、株式会社エスキュービズム・テクノロジー(本社:東京都港区、代表取締役社長:武下 真典)は、当社が株式会社エスキュービズム・テクノロジーのSaaS型タブレットソリューション「Orange Tablet」事業※1を譲り受けることで合意しました。

株式会社エスキュービズム・テクノロジーのタブレットソリューションは、店舗業務に必要なデータを一元管理でき、機能の組み合わせが自由に選択できるため、ビジネスニーズに合わせてさまざまなシステム構築が可能です。

例えば、飲食店の場合には「予約」「テーブル注文」「決済」までをシームレスに、アパレルでは「在庫管理」「顧客管理」「決済管理」までをスムースに連携させることで、店舗の業務改革に大きく貢献することができます。

また、株式会社エスキュービズム・テクノロジーのタブレットPOSは、モバイルPOS市場金額シェアNo.1、モバイルPOS導入数No.1を2年連続で獲得※2するなど、お客様に支持された使い勝手の良いソリューションです。

当社としては、アイコンサービスのメニューのひとつに加えることでサービスの拡充を図り、企業経営の支援を強化していく方針です。

※1 オンプレミス型タブレットソリューション「EC-Orange POS」の著作権はエスキュービズムに帰属し、オンプレミスのOrange POS、Orange Handy、Orange Signage、Orange Reserve 、Orange Stock、Orange Gift、Orange CTIは引き続きエスキュービズム・テクノロジーにて開発・販売を継続します。

※2 富士キメラ総研「月間BT(2014年6月号)2013年実績」「2015法人向けスマートデバイス関連ビジネスの全貌2014年実績」


株式会社フォーバルについて
企業経営を支援する次世代経営コンサルタント集団である株式会社フォーバル(資本金:41億50百万円、東証一部上場【証券コード:8275】)は、中小・中堅企業を対象に「情報通信分野」・「海外分野」・「環境分野」・「人材・教育分野」の4分野に特化したコンサルティングサービスをコアビジネスとしています。

関連URL:http://www.forval.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(企業動向)


注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル