ビズネット株式会社


企業備蓄品の最新情報を体験しながら学べる「防災備蓄品 試食体験セミナー」を開催しました



防災備蓄品 試食体験セミナー風景

防災備蓄品 試食体験セミナー風景

企業防災ソリューション「ビズネットセーフティー」を提供するビズネット株式会社は、2016年8月19日、企業の防災担当者を対象とした「防災備蓄品試食体験セミナー」を開催しました。

◇意外と知られていない防災グッズや備蓄食料品の使い方

東日本大震災より5年が経過し、2011年頃に購入した防災備蓄品はそろそろ消費期限による入れ替え時期を迎えています。

近年、備蓄食料品はめざましく進化し、火を使わずに温かな食事ができるものや、ふっくらして風味がよいパンなども増えています。そのように便利で美味しくなった備蓄食料品ですが、たとえば人気のアルファ米を食べるには、水はどのくらい必要か? 調理にかかる時間は? といったことは意外と知らない人が多いのではないでしょうか。


<セミナー内容>
■防災備蓄品の考え方

■被災時を想定した、備蓄用食料品の試食体験
・パン、携帯食の試食
・アルファ米の調理体験

■防災用トイレの使用方法
■毛布選定のポイント

はじめはアドバイスを行わずに参加者の判断で体験し、実際に使ってみました。そのあと困ったこと、わからなかったことを各自が洗い出して企業備蓄に活かす学習を行いました。
また、調理用の水やお湯の確保、食後のゴミの問題など、体験前には意識していなかった課題を全員で共有しました。

このように、企業においてとっさの判断が必要となる防災時に、どのような備蓄品が必要かを身をもって体験することで、参加者のみなさんから、「備蓄品の見直しのよいきっかけになった」との声をきくことができました。

◇セミナーのご案内◇
ビズネットでは、こうした「防災備蓄品試食体験セミナー」をはじめ、企業で安全な避難所を設営するためのノウハウが身につく「危機管理体験型セミナー」を不定期で開催しています。また、企業ごとの個別セミナー開催のご相談も受け付けています。

▽セミナー・イベント情報
http://www.biznet.co.jp/seminar/


【ビズネットセーフティーについて】
ビズネットでは、大手・中堅企業様向けに企業の防災対策をトータルサポートするソリューションサービス「ビズネットセーフティー」をご提供しています。
法律や条令、他社の災害時の事例などをもとに、お客様企業の規模や立地に合った防災対策情報を提供し、防災用品調達をサポートします。また、備蓄品をデータベース化して、期限切れが近づいたらメールでお知らせする「備蓄品メンテナンスコール」サービスや、入れ替えのサポートもいたします。

▽ビズネットセーフティー
http://www.biznet.co.jp/service/safety.html

【公益社団法人 危機管理協会について】
公益社団法人 危機管理協会は、官民相互の協力によって災害に強い統制のとれた危機管理体制構築の実現を、資格試験制度を通じて目指すと共に、各種発災時に必要な資機材の準備等を推進することを主な活動としています。
http://www.cma-j.org/

ビズネットセーフティーや防災備蓄品に関するお問合せはお気軽にどうぞ。
---------------------
<お問い合わせ先>
ビズネット株式会社
担当:疋田・雫石
03-5860-1011
(受付時間:月~金9:00~17:30まで ※土日・祝日・年末年始を除く)
---------------------

関連URL:http://www.biznet.co.jp/service/safety.html

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 防災備蓄品 試食体験セミナー風景 防災備蓄品 試食体験セミナー風景



注目ワード
中間決算
紅葉
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ