一般財団法人ツネイシみらい財団


Save the Beach 2016 in シーパーク大浜が開催~青空の下でビーチバレーを満喫~



 一般財団法人ツネイシみらい財団(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表理事:伏見泰治)は、プロ選手と共にビーチバレーボールを通して海辺の環境を考えるSave the Beach 2016 in シーパーク大浜を2016年8月21日(日)に開催しました。

「Save the Beach」は、NPO法人Save the Beachがスポーツイベントを通じて、海の環境保全を訴える活動で、 シーパーク大浜での開催は今年で2年目となります。当日、日本ビーチバレー第一人者である西村晃一選手や仲矢靖央選手など、現役の日本トップ選手8人がゲストとして参加。体験スクールでは、インドアバレー全日本で活躍した越川優選手がゲストスクールコーチとして訪れ、参加した子どもたちはボールに触る楽しさを教わっていました。その後、サーブコンテストや、トップ選手8人によるエキシビションマッチをはじめ、フレンドリーマッチなどが行われ、大勢の来場者が、青空の下でビーチバレーを楽しみました。
 一般財団法人ツネイシみらい財団は、スポーツ振興を通じて備後地区の活性、発展に寄与すると考えており、共に地域の方々を明るく元気に、そして未来に美しい環境を残せる活動を今後も取り組んでいきます。


【西村晃一 選手プロフィール】
西村晃一 (バレーボール元日本代表、プロビーチバレーボールプレイヤー)
1973年6月30日、京都府生まれ。立命館大学経済学部卒業後、株式会社NEC入社。1998年、日本代表に初のリベロとして選出。2002年同社を退社しインドアバレーからビーチバレーに転向し、日本初のプロビーチバレーチーム「ウインズ」発足。
WINDS(http://www.winds.sc/

【一般財団法人ツネイシみらい財団】
http://www.tsuneishi-mirai.or.jp
所在地:〒720-0313 広島県福山市沼隈町常石1083番地
代表理事:伏見泰治
常石グループは1903年の創業以来、地域に支えられ共に成長する企業として地域社会と一体となった社会貢献活動に取組んでいます。ツネイシみらい財団は常石グループの創業の理念に基づき、市民・行政・企業が協働したまちづくりと子どもの健全育成を通じて、地域の活性化と豊かな市民生活の実現に寄与することを事業目的とし、「地域の活性化」「子どもの健全育成」「文化伝統支援」の3つを運営方針に掲げ2010年に設立しました。

【特定非営利活動法人 Save the Beach】
http://savethebeach.jp/
所在地:〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4-6F
設 立:2009年8月19日(NPO法人格取得:2010年1月4日)
理事長:西村 晃一
Save the Beach は、ビーチバレーやサッカーなど各スポーツの一線で活躍しているスポーツ選手を招き、プロプレーヤーの技を間近で観て、一緒にプレーすることでスポーツの楽しさを実感してもらい、そして、選手たちと一緒に身近な環境を守るための取り組みを行うことで、環境保護活動の輪を日本各地、さらには世界に広げ活動をしています。

- 本件に関する問合せ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
CSV本部 マーケティングコミュニケーショングループ
〒720-0313 広島県福山市沼隈町常石1083番地  
Tel.084-987-4915

関連URL:http://www.tsuneishi-mirai.or.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(CSR)


注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴
夏祭り