神原ロジスティクス株式会社


神原ロジスティクスがこどもの職場参観日を開催



 神原ロジスティクス株式会社(本社:広島県福山市箕沖町109番5、代表取締役社長:宮﨑裕司)は2016年8月4日、働きやすい職場づくりや家庭内コミュニケーション向上などのライフ・ワーク・バランスの実現に向けた取り組みとして、『こどもの職場参観日』を実施しています。
 このイベントには4人の子どもたちが参加し、物流全体の流れの中で、どの部分が神原ロジスティクスの仕事なのかを学習。続いて、パソコンで学校名や名前を入力して名刺を作り、宮﨑裕司社長や社員との名刺交換をしました。

 その後、中四国最大級の倉庫を完備している福山物流センター内の移動ラック、天井クレーン、自動仕分け機、ハンガーレール、自動倉庫での出荷作業、コンテナからの荷物出しの見学や、自動仕分け機での仕分け作業、大型トラックやフォークリフトの乗車などを体験しました。
子どもたちは、案内人の宮本秀士部長による物流倉庫業務の説明について、真剣に話を聞きながら見学したり、ドキドキワクワクしながら体験をしていました。

 なかでも子どもたちの興味を引いたのは、ハンガーレールです。
倉庫内にあるハンガーレールは、スーツなどをハンガーに掛かった状態で取扱でき、約2万着の保管が可能です。プレス済商品の保管、仕分けがハンガーに掛かった状態で実施でき、そのままハンガー車両に積み込みお客様のもとへお届けできます。
初めてハンガーレールを見た子どもたちは、「ハンガーレールを押してもいい?」「ここには何着入るのかな?」と初めて見るハンガーレールシステムに興味津々でした。

 参加した社員からは、「普段子どもたちに業務内容まで詳しくは教えてませんでした。子どもが職場に来てくれたことでモチベーションが上がり、より一層、がんばろうと思いました。」と話してくれました。

 神原ロジスティクス株式会社は、今後も『こどもの職場参観日』を実施し、働きやすい職場づくりや家庭内コミュニケーション向上などのライフ・ワーク・バランスの実現に向けた取り組みをしていく考えです。


■神原ロジスティクス株式会社について
本社所在地 :広島県福山市箕沖町109番5
代表取締役社長 :宮﨑 裕司
事業内容:造船業、海運業を中心に事業展開する常石グループの海運事業会社です。日中航路で20年以上の実績を持つ神原汽船株式会社と連携し、中国をはじめ東南アジアと日本国内を結ぶ国際輸送に加え、通関、貨物の入出庫、保管業務、検品、仕分け、配送などの付加価値を付けた総合物流サービス業を展開しています。

主なサービス
・貿易業務(各種書類作成、輸出・輸入通関、保税、検疫/税関対応)
・輸送業務(トラック配送、コンテナドレージ等の国内輸送)
・倉庫業務(倉庫保管、仕分け、検査・検品、修理、大型貨物や危険物の保管・取り扱い、梱包)
・NVOCC(※1)として全国各港と世界を結ぶ海上輸送サービスのご提供
・3PL(※2)による包括的な最適物流のご提供
・各種貨物船(在来船)での国際間輸送業務(船腹手配、Stowage Plan[積み付け計画]作成、船積み・荷揚げ等の荷役管理)
・船舶代理店業務(国際船舶入出港管理)
http://kambara-logistics.com/

※1 NVOCC(Non-Vessel Operating Common Carrier, 国際複合輸送を一貫して請け負う運送人)
※2 3PL(Third Party Logistics, 物流業務全体を包括的に提案/受託するサービス)

関連会社 :
神原汽船株式会社
http://www.kambara-kisen.co.jp/
神原タグマリンサービス株式会社
http://www.kambara-tugmarine.com

関連URL:http://www.tsuneishi-g.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル