福岡工業大学


車をセンサにして津波の浸水状況の見える化を図る!



(図2)浸水状況可視化システムの構成

(図2)浸水状況可視化システムの構成

 福岡工業大学(福岡市東区)工学部電子情報工学科の松木裕二教授が発明しました、「自動車(プローブカー)を用いた浸水状況可視化システム」に関する技術発明に関して、福岡工業大学が特許権を取得しました。


■研究背景
 2011年に発生した東日本大震災の犠牲者のうち、92%以上は津波による溺死であった。このような災害から身を守るためには、津波に関する正確な情報を得て、最適な避難を行うことが重要となる。しかしながら、現在、海上での津波観測を行う技術はあるが、陸地を遡上する津波の浸水状況を観測する手法は開発されていない。
 そこで、松木研究室では、自動車(プローブカー)を用いた浸水状況可視化システムの研究・開発を推進している。


■発明した浸水状況可視化システムの概要
 この度、本研究室では、自動車(プローブカー)内に設置されたセンサ(図1)で角速度を計測し、その解析結果に基づいて当該車両が津波に遭遇(浸水状態)したかどうかを判定する手法を発明した。本発明の内容は、「プローブカーが浸水状態と判定された場合に、その位置情報、浸水時刻などの浸水情報を、無線ネットワークを介してサーバーに送信し、サーバーでは、複数のプローブカーから収集した浸水情報をもとに、その地域の浸水マップを動的に作成し、それに基づく避難情報をユーザ端末に配信する(図2)。」というものである。


■本発明のポイント
1.急速に普及しているIoTと災害時における自動車の利点および動き方に関する特徴を組み合わせることによって、人命救助に関わる有用な情報提供を可能にする技術である。
2.浸水の判定は、既存の車載装置(角速度センサ)の計測値を解析するだけで可能なため、新たなセンサの取り付けや、そのためのハードウェア保守は必要としない。
3.自動車密度が高い日本においては、幅広い範囲で大量にデータ収集が可能になるため、津波の浸水地域をリアルタイムに可視化することができ、生成された浸水マップによって、地域住民の避難誘導はもちろん、災害救助にも役立てることができる(図3)。
4.通信装置は、車両内に予め固定的に設置された通信デバイス若しくはカーナビゲーション装置、又は、ユーザ所持のスマートフォン若しくはタブレット端末を活用できる。


■応用分野
 本特許技術は、津波による浸水のみならず、大雨による水害、土砂災害、台風被害、竜巻による被害の状況把握への応用が可能である。今後、IoTと自動車を組み合わせた技術開発は、ますます発展・普及することが予想されており、本特許技術のような防災・減災を目的としたプローブカーシステムの実用化も十分に期待される。


■プローブカーとは
 自動車に取り付けられたセンサと通信装置を用いて、個々の車両の動きやセンサによる計測値を収集・解析することによって、交通流や天候などを調べるシステム(対象となる車)のことである。本研究では、津波による浸水や水害の観測にプローブカーを活用している。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
福岡工業大学 入試広報部広報課  担当:長井・藤岡
TEL:092-606-0607    e-mail:kouhou@fit.ac.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • (図2)浸水状況可視化システムの構成 (図2)浸水状況可視化システムの構成
  • (図1)角速度センサを有する通信装置の車両への配置 (図1)角速度センサを有する通信装置の車両への配置
  • (図3)浸水情報と避難情報の提供 (図3)浸水情報と避難情報の提供


このカテゴリーの関連ニュースリリース(技術・開発)


注目ワード
株主総会
ボーナス
梅雨