広島文教女子大学附属高等学校


広島文教女子大学附属高等学校サッカー部「第38回皇后杯」本大会出場!国体など全国の舞台でも活躍



広島県大会で優勝した広島文教女子大学附属高等学校サッカー部

広島県大会で優勝した広島文教女子大学附属高等学校サッカー部

 広島文教女子大学附属高等学校(広島県広島市)サッカー部は、第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会において広島県予選で優勝、中国地域予選で準優勝の成績を残し、本大会出場を決めました。
 さらに部員の中から6名が第71回国民体育大会の広島県選抜チームに選出され、同大会で広島県としては初となる4位の成績を残しました。

■第38回皇后杯予選での活躍
 広島文教女子大学附属高等学校サッカー部は3年生14名、2年生11名、1年生8名の計33名で構成され、創部から16年目を迎える中国四国地方でも有数の強豪校です。

 9月11日に行われた第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会広島県予選決勝では、アンジュビオレ広島U-18を6-1で破り、10年ぶり2度目となる広島県第1代表の座を勝ち取った上、大会優秀選手に5名が選出。続く中国地域予選決勝(10月8日)、山口県第1代表の徳山大学に0-1で惜しくも破れましたが、準優勝という成績を残しました。
 本大会へは中国地域代表として参戦し、10月22日に栃木県グリーンスタジアムで北海道代表のクラブフィールズ・リンダを相手に1回戦突破をめざします。

■第71回国民体育大会の選抜チームは15人中13人が本校出身
 10月2日から岩手県で開催された第71回国民体育大会(「希望郷いわて国体」)には、部員の中から6名が広島県選抜として選ばれ、15人のメンバーの内、13人が附属高等学校サッカー部の部員またはその卒業生で構成されました。広島県選抜は3位決定戦で北海道選抜に0-1で惜敗しましたが、広島県としては初めて4位という成績を残しました。

■全日本高等学校女子サッカー選手権大会は12年連続出場をめざす
 現在、サッカー部は皇后杯初戦突破をめざすと同時に、第25回全日本高等学校女子サッカー選手権大会で日本一を目標に掲げています。まずは11月5日から始まる県予選、中国地域予選を経て12年連続での本大会出場をめざします。


<第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 中国大会の結果>
 http://www.jfa.jp/match/empressscup_2016/regional/chugoku/schedule_result/

<第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 トーナメント表・試合日程>
 http://www.jfa.jp/match/empressscup_2016/schedule_result/

<第71回国民体育大会 試合結果>
 http://www.jfa.jp/match/nationalsportsfestival_2016/women/schedule_result/

【関連URL】
 広島文教女子大学附属高等学校 公式Webサイト
 http://www.h-bunkyo.ac.jp/highschool/
 関連ブログ記事
 http://www.h-bunkyo.ac.jp/highschool/blog/2016/09/3238.html

【本リリースに関するお問い合わせ】
 広島文教女子大学 入試広報課
 電話:0120-75-3191(フリーコール)
 メール:koho@h-bunkyo.ac.jp

  • 広島県大会で優勝した広島文教女子大学附属高等学校サッカー部 広島県大会で優勝した広島文教女子大学附属高等学校サッカー部
  • 広島県大会最優秀選手に選出された5名 広島県大会最優秀選手に選出された5名
  • 第71国民体育大会に出場した広島県選抜メンバー 第71国民体育大会に出場した広島県選抜メンバー



注目ワード
海水浴
夏休み
花火
夏祭り