AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社


AOLプラットフォームズ・ジャパンの新カントリーマネージャーに現COOの坂下洋孝が就任



AOLがグローバルで提供する新プロダクトやサービスの日本展開を加速

米国の通信会社大手、Verizonの子会社であるAOL Advertising Inc.は本日、10月24日付で事業パートナーの三井物産株式会社が保有する全株式を譲り受けて完全子会社化が完了したAOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社について、2016年11月1日付けで、現Chief Operating Officer(COO)の坂下洋孝を日本の新しいカントリーマネージャーに任命することをお知らせします。

坂下は、2015年に発表されたAOL Inc.とMicrosoftとの戦略パートナーシップをもって、日本を含めた重要市場9か国で、AOLが日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長 平野 拓也、以下、日本マイクロソフト)の保有するすべてのディスプレイ、モバイル、ビデオ広告枠の独占取扱を開始したタイミングでAOLへ参画しました。前職の日本マイクロソフトでは、プロダクト&ソリューション部部長など約10年間にわたり様々な役割を経て、広告プロダクトプランニングや営業活動を通じ、収益拡大を推進する責任者として豊富な経験を積んでいます。

就任にあたり、坂下は次のように述べています。
「AOLプラットフォームズ・ジャパンという素晴らしい人材を束ねるチームの新しいカントリーマネージャーに任命されたことを嬉しく思います。AOLの新グローバルミッションである、2020年までにグローバルで20億人のユーザーにリーチするという大きな目標において、日本市場は大変重要な役割を担っています。AOLは日本への継続的な投資を通し、マーケットおよび社員、コンシューマーへの強いコミットを示します。」

AOL International責任者であるグラハム・モイジ―は次のように述べています。
「10月24日は日本のAOLにとって新しい一歩であり、個人的にも、坂下が日本のプラットフォームビジネスをリードすることを大変喜ばしく、祝福したいと思います。AOLや業界の大きな変化の中でリーダーシップをもって社員をインスパイアし続けてきた坂下は、カントリーマネージャーに最も適した人材です。2017年には、坂下がAOLプラットフォームズ・ジャパンとAOLオンライン・ジャパンの事業統合も指揮し、AOLの提供するカルチャー(コンテンツ)とコード(テクノロジー)を日本市場でも展開していきます。」

AOLプラットフォームズ・ジャパンは、各種プログラマティック広告のソリューションプラットフォームである“ONE by AOL”を通じて、広告主ならびに媒体社に対して、シンプルかつオープンな形で高機能の広告配信テクノロジーサービスを総合的に提供しております。坂下のリーダーシップの下、AOLは日本の事業統合を推進し、AOLのコンテンツサービスとテクノロジーサービスが融合した新しいユーザー体験を、コンシューマー、広告主、広告会社ならびに媒体社に提供します。具体的には、ブランデッドビデオシンジケーションプラットフォームのBe On, ビデオエクスチェンジのVidible, アトリビューション分析のConvertroといったAOLのサービスを、グローバルマーケット各国へのサービス展開と連携してシームレスに進めて行きます。またAOLオンライン・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 安藤雄二)は、AOL、Autoblog日本版、 Engadget日本版、TechCrunch Japanを運営しています。


■ AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社 会社概要
・本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 オリックス南青山ビル
・設立: 2006年12月1日
・URL:http://www.aolplatforms.jp/

【本件に関する報道関係の皆様からのお問い合せ先】
AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社 コーポレートコミュニケーション室
担当:小金丸(ayako@nwcom.jp) TEL: 03-5830-8970

関連URL:http://www.aolplatforms.jp/


カテゴリー
人事人事
業種
ITその他IT
キーワード
人事
就任
新代表


このカテゴリーの関連ニュースリリース(人事)


トレンドワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災