株式会社アイレップ


検索エンジン順位変動と動向(2016年10月)



2016年10月の検索エンジン順位変動(PC・モバイル)とその動向をまとめました。


【2016年10月の順位変動について】

添付画像参照



【順位変動観測指標の説明について】

下記URL参照
http://www.irep.co.jp/press/whitepaper_sup/rank_introduction.html

人材・旅行・小売/通販・不動産・メーカー・金融の、各業界別順位変動状況についてもまとめています。
http://www.irep.co.jp/press/whitepaper/2016/20161110.html

【2016年10月検索エンジン動向】

2016年9月30日
■AMP Project 、AMP のロードマップを更新
2016年9月30日、AMP 規格( Accelerated Mobile Pages:Google とTwitterなどが主導する、モバイルページの表示速度を改善するためのプロジェクト)の主催団体であるAMP Project がロードマップを更新しました。
2016年第4四半期の目標として、ECサイト対応やアプリへの導線充実などを挙げています。
1. フォーマット:静的なコンテンツを表示させるための機能は一通り完了し、フォーム・PWA(※)・アプリとの連携など、より高度な機能への対応も可能に
2. 解析:" amp-experiment " によるA/Bテストが可能になったが、ECサイト対応や動画再生のトラッキングなどに大きな進展なし
3. 広告:A4A( AMP for Ads )のフォーマットがほぼ確定し、今後はAMP 広告の利用シーン拡大や利用体験の向上が主眼
4. アクセス制御:大きな進展はなし。サインイン関連機能は、2016年10月~12月中にα版を展開予定
※PWA(プログレッシブウェブアプリ)とは、Webとアプリの両方の利点を兼ね備えたインストールが不要なアプリ。不安定なネットワークでも迅速に起動し、あらゆるデバイスで起動可能。
https://www.ampproject.org/roadmap/

2016年10月13日
■米Google 、モバイルファーストインデックスの実装計画を発表
2016年10月13日、米Google は米国のラスベガスで開催されたPubconのキーノートにおいて、自然検索のインデックスをモバイル用ページを優先したインデックス(モバイルファーストインデックス)へ切り替える方針を発表しました。今後Google はデスクトップPC用ページとモバイル用ページの両方を記録し、検索結果の評価はモバイル用ページを基準にします。
現在の自然検索のインデックスは、デスクトップPC用ページを記録し、モバイル用ページはデスクトップPC用ページのバージョン違いとして扱っているため内容を記録していません。
モバイルファーストインデックスに関する詳細は不明で(10月31日時点※)、今後公式ブログで発表するとしています。
※11月4日(米国時間)に追加発表あり。続報については、来月の「検索エンジン動向」で発表予定。
http://www.sem-r.com/google-2010/20161017164637.html

2016年10月13日
■米Google 、サーチコンソール の「サイトリンク」機能を廃止
2016年10月13日、米Google はサーチコンソール の「サイトリンク」機能を廃止しました。
「サイトリンク」機能とは、自然検索結果に表示されるサイトリンク の一部を引き下げる申請を行うことができる機能です。今回の廃止は、アルゴリズムの改善によりサイトリンク表示精度が向上し、本機能の必要性が希薄化したためです。
「サイトリンク」機能廃止により、不適切なサイトリンクをGoogle に直接申請することができなくなりました。今後はサイト構造を最適化することでサイトリンクを調整する必要があります。
https://plus.google.com/+GoogleWebmasters/posts/b4WcMeLgbAL

2016年10月21日
■Google 、モバイル検索の自然検索結果枠におけるAMP 表示を開始
2016年10月21日、Google は、国内でもモバイルの自然検索結果枠にAMP 規格に対応したWebページの表示を開始しました。
当社内においてもバイル検索の自然検索結果枠でAMP ラベルが表示されていることを確認しました。なお、英米圏では2016年9月に同機能を導入しており、約1ヶ月遅れでの正式展開となります。
※参考:検索エンジン順位変動と動向(2016年9月)、「2016年9月20日 米Google 、モバイル検索の自然検索結果枠でのAMP 表示を開始」(http://www.irep.co.jp/press/whitepaper/2016/20161011.html#trend2
https://japan.googleblog.com/2016/10/amp-1.html

【2016年10月の総括】

2016年10月の順位変動は、PC検索では中旬と下旬に、モバイル検索では下旬に非常に大きな順位変動が発生しました。なお中旬に発生したPC検索のみの順位変動については、モバイル検索でも同じタイミングで多少大きな変動幅が見られますが、前日までの移動平均がPC検索よりも大きくなっているために大きな順位変動と見なしていません。
検索エンジンの動向では、モバイルファーストインデックスの導入計画が発表されました。10月31日時点※では詳細な情報が不明なため影響や対策を検討する段階ではありません。
またAMP に関するトピックもあり、モバイルに関する活発な動きが継続しています。
※11月4日(米国時間)に追加発表あり。続報については、来月の「検索エンジン動向」で発表予定。


以上



■株式会社アイレップ について
アイレップは広告主のマーケティング成果を最大化するデジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導くエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。
━━ 会社概要 ━━
【社名】 :株式会社アイレップ
【所在地】:東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
【URL】 :http://www.irep.co.jp/
【代表者】:紺野俊介
【設立年月】:1997年11月
【資本金】:5億5,064万円(2016年9月末現在)
【事業内容】:
・広告代理事業
・ソリューション事業
・ツール事業
・その他(デジタルメディア事業等)
【記事転載・引用等に関する問い合わせ先】
●株式会社アイレップ
TEL:03-3596-8050  FAX:03-3596-8145
【報道関係問い合わせ先】広報担当 E-MAIL: pr@irep.co.jp
【弊社サービス内容に関する問い合わせ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp
※アイレップは、D.A.コンソーシアムホールティングスの100%子会社です


■D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社 
【代表者】: 矢嶋弘毅
【所在地】: 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
【URL】 : https://www.dac-holdings.co.jp/
【設立年月】: 2016年10月
【上場市場】: 東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)

関連URL:http://www.irep.co.jp/press/whitepaper/2016/20161110.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日