学校法人近畿大学


エンタメ業界を担う人材育成をめざして よしもとクリエイティブ・エージェンシー取締役の奥谷達夫氏が講演



株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー 取締役 奥谷 達夫 氏

株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー 取締役 奥谷 達夫 氏

近畿大学文芸学部文化デザイン学科(大阪府東大阪市)では、将来エンタテインメント業界を担う人材を育成するため、文芸学部の学生を対象に一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(以下ACPC)主催の寄附講座を開講しています。第2回講座として、平成28年(2016年)12月5日(月)に株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー取締役の奥谷達夫氏をお招きし講演いただきます。

【本件のポイント】
●所属タレント約6,000人、常設劇場11館、年間ライブ本数約10,000本を超える株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーの取締役・奥谷達夫氏による講演
●本学学生は日本屈指のコミュニケーションの起点づくりを学ぶことで、将来のエンタメ業界を担う人材を目指す
●エンタメ業界の裏側を現場の視点から学ぶことで実学の場とする

【本件の概要】
本学では、平成28年(2016年)4月に文芸学部文化デザイン学科を開設し、プロデューサー育成教育を開始しました。その一環として、今年10月からACPC主催の寄附講座を開講しています。今回、第2弾として、株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー取締役の奥谷達夫氏をお招きし、講演会を行います。ライブにおける目的意識やプロデューサーとは何か、エンタテインメントとは何かについて、ライブツアー統括や新規劇場開発に携わる現場の視点からお話しいただきます。
エンターテインメントビジネスは近年多様化しており、将来の日本経済を支える重要な産業になると考えています。本学学生は、エンタメ業界の裏側を現場の視点から学ぶことで、将来のエンタメ業界を担う人材を目指します。

■日時:平成28年(2016年)12月5日(月)10:40~12:10
■場所:近畿大学東大阪キャンパス A館3階301教室
    (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
■対象:本学文芸学部学生
■内容:「よしもとのライブ現場」
    株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー 取締役 奥谷 達夫 氏

関連URL:http://www.kindai.ac.jp/bungei/dcd/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー 取締役 奥谷 達夫 氏 株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー 取締役 奥谷 達夫 氏



注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー