学校法人近畿大学


オリジナルマンガでBtoB企業の採用促進 当事者の大学生が企画、マンガを用いた企業紹介をLINEで拡散!



学生が制作したラフ これをもとにプロが現在作画中

学生が制作したラフ これをもとにプロが現在作画中

近畿大学経営学部(大阪府東大阪市)経営学科准教授の鞆大輔のゼミでは、「BtoB企業の採用活動に関する情報発信手法」を研究し、その成果として株式会社マシン三洋(大阪府大阪市)の業務内容をマンガ化しました。平成29年(2017年)1月9日(月・祝)から、LINEを使って学生に公開し、採用に活用してもらいます。

【本件のポイント】
●BtoB企業の採用手法を、当事者である大学生が考案
●社員に取材して制作した企業紹介マンガをLINEで拡散
●実際に企業が抱える課題を知り、問題解決法を考える「実学教育」の機会

【本件の概要】
現在、大学生の就職活動は“売り手市場”と言われ、学生が就職先を選べる状態です。そんな中で、一般消費者になじみのないBtoB企業の多くが社員採用に苦労しており、特に就活生に自社を知ってもらう機会がないことが課題となっています。近畿大学経営学部准教授の鞆大輔のゼミでは、そのような悩みを抱える総合機械商社の株式会社マシン三洋に協力し、「BtoB企業の採用活動に関する情報発信手法」を研究してきました。
当事者である大学生自身が効果的だと提案したのが、「マンガを用いた企業紹介をLINEで拡散する方法」です。学生らが株式会社マシン三洋を訪問して学生目線で知りたいと思う業務内容を取材し、マンガのストーリーを作成しました。現在、学生が作成したラフをもとに、公開日に向けてプロの漫画家が作画中です。学生が作成したストーリーは業務内容がわかりやすいと社員にも好評で、今後、LINEを使って拡散させることで、課題であった就活生によるBtoB企業への最初のアプローチのきっかけになると期待されています。

【マンガ公開】
■日時:平成29年(2017年)1月9日(月・祝)
■概要:株式会社マシン三洋の就職説明会等に参加した学生とLINEのIDを交換し、マンガを配信。学生にSNSを通じて友人に拡散してもらうことをめざす。

【関連リンク】
経営学部経営学科 准教授 鞆 大輔(トモ ダイスケ)
http://www.kindai.ac.jp/meikan/241-tomo-daisuke.html

関連URL:http://www.kindai.ac.jp/keiei/


  • 学生が制作したラフ これをもとにプロが現在作画中 学生が制作したラフ これをもとにプロが現在作画中



注目ワード
株主総会
ボーナス
梅雨