パナソニックグループ


【住友不動産 / パナホーム】「シティタワー梅田東」が完成 - 関西圏で他に類を見ない高層42階に約250平方メートルの大規模スカイラウンジを設置



シティタワー梅田東 外観

シティタワー梅田東 外観

住友不動産株式会社 (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:仁島 浩順)とパナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、代表取締役社長:松下 龍二) は、都市の利便性が享受でき、再開発事業「グランフロント大阪」をはじめ、発展を続ける梅田エリアで開発していた地上44階建て、総戸数501戸の超高層タワーマンション「シティタワー梅田東」が、2016年12月末日に竣工致しましたのでお知らせいたします。

▼「シティタワー梅田東」ホームページ
http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/kansai/ct_umedahigashi/

本物件は、昨今、大阪市内において都心タワーマンションの供給が増えるなか、これまで数々のタワーマンションを手掛けてきた住友不動産「シティタワー」シリーズのノウハウを活かし、全居住者がタワーマンションの魅力である眺望をいつでも享受できる約250平方メートルの大規模スカイラウンジを地上42階の高層階に設置したほか、緑あふれる植栽による外構計画など、パナホームの分譲マンションブランド「パークナード」のコンセプトを各所に反映。“他と差別化を図った商品企画”を導入しています。

【「シティタワー梅田東」の主な特長】
・都心の大パノラマを堪能!他と差別化した商品企画、“高層42階に約250平方メートルの大規模スカイラウンジ”導入
・専有部においてタワーマンションの特徴である“眺望”を最大限活かす“ダイナミックパノラマウィンドウ”を採用
・関西初!水廻りの移動含め多彩な間取りやインテリアカラーを無償で選べる、“カスタムオーダーマンション”導入
・梅田エリア徒歩圏のオフィス、商業、エンターテインメントなど、多彩な施設が集積する“高い都市利便性”

◆「シティタワー梅田東」の物件概要

所在地:大阪府大阪市北区本庄西一丁目1番7号
交通:阪急宝塚線、京都線、神戸線「梅田」駅から徒歩13分
大阪市営地下鉄谷町線、堺筋線「天神橋筋六丁目」駅から徒歩5分ほか
用途地域:商業地域、準工業地域
敷地面積:5,893.94平方メートル
構造・規模:鉄筋コンクリート造 地上44階建
総戸数:501戸(住戸)
住戸専有面積:60.74平方メートル~119.92平方メートル(2LDK~3LDK)
竣工:2016年12月末日
入居開始:2017年1月中旬
売主:住友不動産株式会社、パナホーム株式会社
設計・施工:清水建設株式会社
管理会社:住友不動産建物サービス株式会社

▼[住友不動産 / パナホーム プレスリリース] 「シティタワー梅田東」堂々完成(2017年1月20日)
http://www.panahome.jp/company/news/release/2017/0120.html

【報道関係者様 お問い合わせ先】
住友不動産 広報部 担当:住友 TEL:03-3346-1042
パナホーム 広報・宣伝部 担当:井筒・古矢 TEL:06-6834-1955

【お客様 お問い合わせ先】
「総合マンションギャラリー梅田館」
受付時間:午前10時 ~午後8時(定休日:水曜、年末年始)TEL:0120-432-266

関連URL:http://news.panasonic.com/jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • シティタワー梅田東 外観 シティタワー梅田東 外観



注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴
夏休み
花火
夏祭り