学校法人近畿大学


近畿大学医学部堺病院 市民公開講座 ならない・悪化させない「肥満・メタボ・糖尿病」



前回の市民公開講座の模様

前回の市民公開講座の模様

近畿大学医学部堺病院(大阪府堺市)は、平成29年(2017年)2月4日(土)に、市民公開講座「肥満・メタボ・糖尿病~ならない・悪化させないために知っておきたいこと」を開催します。

【講座の内容】
(1)13:30~13:50「肥満症・メタボリック症候群・糖尿病~どんな病気?~」
講師:内分泌・代謝・糖尿病内科 教授 大野 恭裕
これらの病気がなぜ良くないか、どうして治療が必要かを分かりやすくお話します。
(2)13:50~14:10「糖尿病治療薬の正しい知識」
講師:薬剤部 薬剤師 三木 崇裕
飲み薬やインスリン注射による治療方法について解説します。
(3)14:20~14:40「メタボ・糖尿病に対する運動療法」
講師:リハビリテーション部 技術主任 理学療法士 藤田 修平
運動療法の考え方・注意点と、より効果的な実践法について説明します。
(4)14:40~15:10「何をどう食べたらいいの?~食事の食べ方、量、組み合わせ~」
講師:栄養部 管理栄養士 宮田 紘世
皆さまと一緒に日ごろの食生活の注意点を具体的に考えます。
(5)15:10~15:30「質問コーナー」

【本件の概要】
■日  時:平成29年(2017年)2月4日(土) 13:30~15:30(13:00 受付開始)
■場  所:近畿大学医学部堺病院
      (大阪府堺市南区原山台2-7-1、泉北高速鉄道「栂・美木多駅」から徒歩約8分)
■対  象:一般の方(定員200人、聴講・駐車場共に無料、事前申込不要)
■お問合せ:近畿大学医学部堺病院 総務課 亀田 TEL(072)299-1120
                 地域医療連携室 畑 TEL(072)299-7782

【開催の背景】
毎回ご好評をいただいております市民公開講座。今回は「肥満・メタボ・糖尿病」という現代病の代名詞ともいえる症状をテーマに講演します。一度その状態に陥ると、なかなか完治が難しいこれらの症状について、日々の心がけと対策で、いかに未然防止することができるかをわかりやすく説明します。
講演者は医師に限らず、薬剤師、理学療法士(リハビリ)、管理栄養士がそれぞれに専門分野について講演し、質問にお答えします。知って損はない、明日から使える専門知識を、この機会により多くの方々に吸収していただければと思います。

【講師プロフィール】
内分泌・代謝・糖尿病内科 教授 大野 恭裕(おおの やすひろ)
学   位:医学博士
専門分野 :内分泌代謝学 糖尿病
研究テーマ:甲状腺疾患・糖尿病の治療
著   書:『内分泌代謝学入門 改訂6版』(共著)(平成26年)金芳堂 他
論   文:「強化インスリン療法+DPP-4阻害薬」
      糖尿病ケア13(10):885-887(平成28年) 他
受 賞 歴:大阪難病財団医学研究助成(平成18年)

薬剤部 薬剤師 三木 崇裕(みき たかひろ)
学   位:修士(薬学)
専門分野 :臨床薬学、糖尿病、薬物療法

リハビリテーション部 技術主任 理学療法士 藤田 修平(ふじた しゅうへい)
資   格:理学療法士、呼吸療法認定士
専門分野 :内部障害系理学療法

栄養部 管理栄養士 宮田 紘世(みやた ひろよ)
学   位:学士(農学)
資   格:日本糖尿病療養指導士、病態栄養認定管理栄養士
専門分野 :呼吸器疾患、循環器疾患

【関連リンク】
医学部堺病院 教授/部長 大野 恭裕(オオノ ヤスヒロ)
http://www.kindai.ac.jp/meikan/553-oono-yasuhiro.html

関連URL:http://www.med.kindai.ac.jp/sakai/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 前回の市民公開講座の模様 前回の市民公開講座の模様
  • 市民公開講座 市民公開講座



注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴