ネットアップ株式会社


ネットアップ、コンパクトな最新オールフラッシュ ストレージ2製品を発表



より高いパフォーマンスと柔軟性を求めるさまざまな規模の企業向けに、コンパクトなフォームファクタと内蔵型SSDを採用したエントリ/ハイエンドモデルのNetApp AFF Aシリーズ2製品を新たに追加

ネットアップ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)は本日、非常に高いパフォーマンスとさまざまなニーズに対応可能な柔軟性と拡張性に加え、業界最高水準のデータ管理機能とデータ保護機能を備えたオールフラッシュ ストレージであるNetApp® All Flash FAS(AFF)の最新製品「NetApp® AFF A200」ならびに「NetApp® AFF A700s」を発表しました。

今回発表したNetApp AFF A200とNetApp AFF A700sは、ネットアップが提供するオールフラッシュ ストレージであるNetApp AFF Aシリーズに新たに追加されます。NetApp AFF Aシリーズには、その他にミッドレンジモデルのNetApp AFF A300と、ハイエンドモデルのNetApp AFF A700がラインナップされています。NetApp AFF Aシリーズは、業界で最も拡張性に優れたパフォーマンスに加え、フラッシュ、ディスク、クラウドにわたるデータ環境で利用できる業界最高水準のデータ管理とデータ保護の機能を備えています。また、エントリモデルからハイエンドモデルまでの製品ラインを揃えることで、導入企業の予算などに合わせた柔軟な導入が可能です。

今回発表した新しいNetApp AFF Aシリーズ製品は下記の通りです。
【NetApp AFF A200】
エントリモデルのNetApp AFF A200は、大規模企業での利用にも対応できる優れたパフォーマンスを、低価格で導入できるオールフラッシュ ストレージです。この新製品により、中小規模企業は限られたIT予算のなかでも、オールフラッシュ環境に簡単に移行できます。また、NetApp AFF A200は、コンパクトな2UのフォームファクタにSSDを内蔵しています。

【NetApp AFF A700s】
ハイエンドモデルのNetApp AFF A700sは、大規模企業に必要とされる高いフラッシュ密度とパフォーマンスを4Uのコンパクトなフォームファクタで実現し、企業アプリケーション、分析、クラウド統合などの要件の厳しいワークロードに対応できます。また、NetApp AFF A700sの優れたフラッシュ密度や業界をリードするストレージ効率化の機能を通じて、データセンター内のストレージ設置面積、消費電力、冷却コストを大幅に削減できます。また、最新のSPC-1 (注1) の結果では、240万SPC-1 IOPSで、平均レスポンスタイムはわずか0.69ミリ秒を達成しています。


さまざまな企業ストレージ要件を満たすNetApp AFF Aシリーズ
フラッシュに特化して設計されたAFF Aシリーズ オールフラッシュ システムは、フォーム ファクタのフラッシュ密度が高く、業界をリードする優れたパフォーマンス、拡張性、セキュリティ、そしてネットワーク接続性を提供します。NetApp AFF Aシリーズは、今回発表された2製品を新たに追加したことで、大規模環境向けのフラッシュ基盤から中小規模企業向けシステムまで、あらゆる予算に幅広く対応します。

1ミリ秒未満のレイテンシでクラスタあたり最大700万IOPS (注2)を実現するNetApp AFF Aシリーズでは、前世代のAFFシステムと比較した場合、半分のレイテンシで2倍の処理を実行できます。(注3)また、オールフラッシュ アレイとして業界で初めて、40ギガビット イーサネット(40GbE)と32Gbファイバチャネル(FB)接続の両方を提供し、フラッシュの高速化が進むにつれてネットワークからストレージへ移動しつつある帯域幅のボトルネックを解消します。さらに、次世代のSSD接続規格であるNVMeにも対応したアーキテクチャに、業界シェアNo. 1のストレージOSであるNetApp ONTAPを搭載するほか、SSDの実効容量が大幅に増加したマルチストリームの書き込み(MSW) SSDを業界で初めて採用、加えて15テラバイト(TB)のSSDにも対応しています。

NetApp AFF Aシリーズの主な特長は下記の通りです。

・1ミリ秒未満のレイテンシで最大700万IOPS、実効容量360PB超(注2)を誇る最速のスケールアウト オールフラッシュ アレイで、アプリケーションを高速化

・業界最高密度のフラッシュにより、2~4Uのコンパクトなフォームファクタで1PBの完全なフラッシュ システムを実現

・フラッシュ、ディスクからクラウドまで、SAN環境とNAS環境の両方のデータ管理を統合

・わずか10分未満でストレージ システムのプロビジョニングとデータ提供が完了

・インライン データ削減テクノロジによって、SSDストレージを平均で1/5~1/10に削減

・32Gb FCおよび40Gbイーサネットの高速接続によって、ネットワークのボトルネックを解消

・業界最高の統合データ プロテクション スイートによってデータを保護

・Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、IBM Cloudなどのパブリック クラウドと接続できるだけでなく、クラウドとオンプレミスの両環境にわたってデータの可視性と管理性を実現


(注1) http://www.storageperformance.org/results/benchmark_results_spc1_active#a02002
(注2) NetApp AFF A700の場合
(注3) レイテンシ1ミリ秒未満の一般的なOracleデータベースのパフォーマンス比較に基づきます。


<NetApp AFF A200の仕様>
(NAS用途)
拡張性(スケールアウト):2 ~ 8ノード(HAペア×4)
最大SSD数:576
最大物理容量(オールフラッシュ):8.8PB / 7.8PiBB
実効容量*:35.9PB / 31.9PiB

(SAN用途)
拡張性(スケールアウト):2 ~ 8ノード(HAペア×4)
最大SSD数:576
最大物理容量(オールフラッシュ):8.8PB / 7.8PiB
実効容量:35.9PB / 31.9PiB

(その他)
対応プロトコル:FC、iSCSI、NFS、pNFS、CIFS / SMB
フォームファクタ:2U、SSD内蔵


<NetApp AFF A700sの仕様>
(NAS用途)
拡張性(スケールアウト):2 ~ 24ノード(HAペア×12)
最大SSD数:1,440
最大物理容量(オールフラッシュ):22.0PB / 19.6PiB
実効容量*:87.8PB / 78.0PiB

(SAN用途)
拡張性(スケールアウト):2 ~ 12ノード(HAペア×6)
最大SSD数:720
最大物理容量(オールフラッシュ):11.0PB / 9.8PiB
実効容量:43.9PB / 39.0PiB

(その他)
対応プロトコル:FC、FCoE、iSCSI、NFS、pNFS、SMB
フォームファクタ:4U、SSD内蔵

* 実効容量は、ストレージ容量削減比率を5:1(SSDを最大数搭載した場合)と想定して算出したものです。実際の比率は、ワークロードやユースケースに応じて高くなる場合があります。

【提供開始時期と価格について】
本日発表したNetApp AFF A700s/A200の日本での提供開始は2017年度第4四半期(2~4月)* の予定です。各製品は日本国内のネットアップのパートナーを通じて提供します。
価格などの詳細は日本国内のネットアップのパートナーまでお問い合わせください。
* ネットアップの会計年度(5月~4月)による


ネットアップ株式会社について
世界中の組織が、データを管理、保存するソリューションとして、ネットアップのソフトウェア、システム、サービスに信頼を寄せています。顧客は自社の現在、そして将来の成功のために、ネットアップのチームワーク、専門性、情熱を評価しています。ネットアップ株式会社は米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、http://www.netapp.com/jp をご覧ください。

NetApp、NetAppロゴ、またhttp://www.netapp.com/TMに記載されている名称は、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。その他全てのブランド名や製品名は、それを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。

関連URL:http://www.netapp.com/jp/company/news/press-releases.aspx

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(製品)


注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海水浴