広島文教女子大学


森下要治副学長が新学長に決定



森下要治教授

森下要治教授

 広島文教女子大学(広島県広島市)では、角重始学長の任期満了に伴い、次期学長に副学長の森下要治教授(50)を選出しました。任期は、2017年4月1日から4年間です。

 森下教授は島根県出身。専門分野は日本文学(中世説話・寺社縁起研究、院政期音楽作法書研究)。
 広島大学大学院文学研究科国語学国文学専攻博士課程前期を修了し、同研究科博士課程後期を単位取得満期退学。

 広島大学文学部の助手を経て、1997年に本学文学部講師として着任。人間科学部に改組後、助教授、准教授を経て2009年に教授に昇進、2015年から副学長、翌年からグローバルコミュニケーション学科長を兼任。1998年からは国文学研究資料館国文学文献資料調査員も務めています。


  • 森下要治教授 森下要治教授


このカテゴリーの関連ニュースリリース(人事)


注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル