日本オラクル株式会社


NECと日本オラクル、クラウドで新たに戦略的提携



日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野隆、以下NEC)と日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 代表執行役社長 兼CEO:杉原博茂、以下 日本オラクル)は、お客様のデジタルビジネス創造を支えるクラウド事業の戦略的な提携を行うことで合意しました。

具体的には、基幹システム(SoR、注1)領域で多くの実績があるデータベースに加え、今後の新ビジネス(SoE、注2)領域での多種多様なデータ活用を見据え、「Oracle Cloud」をNECの国内データセンターから顧客ごとのサービスとして提供していきます。さらにNECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS(注3)」との連携により、お客様は同一データセンター構内接続による円滑なクラウド移行/連携、統合運用管理の効率化が実現できます。
また、NECは国内で初めてマネージドサービスの一環として「Oracle Cloud at Customer(注4)」の一次保守を開始し、オンプレミスから「Oracle Cloud」を連携したハイブリッドクラウド環境までの一元的な保守を提供します。

NECと日本オラクルは、お客様にとって高度なデータの収集、蓄積、分析、活用や、多彩なアプリケーション開発の容易化、そして新ビジネスの早期立ち上げに貢献するため、NECのIoT基盤「NEC the WISE IoT Platform」とOracle Cloudの連携を進めていきます。
 
この度の提携により、既存システムのクラウド移行、ハイブリッドなクラウド環境の構築、多種多様なクラウドの連携、それらの包括的で効率的運用管理に向けて具体的に以下を進めてまいります。

1.NEC国内データセンターからの「Oracle Cloud」提供
顧客やパートナーのデータセンターにOracle Cloud環境を構築する「Oracle Cloud at Customer」を、24時間365日(注5)の運用監視、高度なセキュリティを実現するNECの国内のハイブリッドデータセンターに設置し、同センターを通じて顧客ごとにオラクルのクラウドサービスを提供します。これによりお客様は、オンプレミスの基幹システム(SoR)で多数の実績のあるOracle Databaseをクラウドとして容易に活用できます。
また、「NEC Cloud IaaS」との連携によるハイブリッドデータセンターの特長を活かし、お客様の既存システムのクラウドへの円滑な移行、オンプレミスシステムや他社クラウドとの連携、効率的な統合運用管理が可能です。

2.「Oracle Cloud」とNECの実績あるソリューションとの連携
NECのデータセンターより提供される「Oracle Cloud」と、NECの地方公共団体向けソリューションや次世代PLMソリューション「Obbligato III」をはじめとした実績のある業務ソリューションとの連携を行います。これにより、お客様のニーズに応じたクラウドの活用支援を拡大していきます。

3.NECにおけるクラウド人材の育成
NECはOracle DatabaseやOracle Exadataに関するシステム構築・サポート技術力を有した多数のエンジニアを保有しています。この度の協業により、Oracle Cloudに対応可能なエンジニアを今後3年間で1,500人育成します。さらに、NEC社内の開発環境や検証環境としてOracle Cloudを利用し、お客様にとって、安全・安心でよりニーズに即したシステムを提案・提供できる体制を整えていきます。

4.国内初、NECがマネージドサービスの一環としてOracle Cloud at Customerの一次保守を提供
NECは、大規模なミッションクリティカルシステムをはじめとするオラクル製品を活用したシステムについて、多数の保守実績と高い保守品質を有し、ハードウェアとソフトウェア一体型のサポートを提供してきました。この度、国内で初めて、「Oracle Cloud at Customer」についてもマネージドサービスの一環として一次保守の提供を開始します。これにより、お客様のデータセンターやNECの国内データセンターに設置された「Oracle Cloud at Customer」に加え、既存のOracle製品を活用したシステムも含めたハイブリッドクラウド環境全体の統合的な保守の提供が可能となります。


NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

日本オラクルでは、「Digital AID (デジタル・エイド)by POCO(The Power of Cloud by Oracle)」をキーワードに、社会に貢献するクラウドカンパニーとして、「Oracle Cloud」のメリットを最大限に活用いただけるよう推進しています。このたびのNECとのクラウドにおける新たな提携により、エンタープライズ領域でのクラウド活用を加速していきます。


  以上

(注1)SoR(Systems of Record):トランザクション主体でデータを記録として残していく従来型のシステム(会計、生産、販売、購買、流通などの基幹システム)。
(注2)SoE(Systems of Engagement):人やモノ、コトなどのつながりにもとづいて、新たなビジネスを創造するシステム(SNS、モバイル、IoTなど)。
(注3)NEC Cloud IaaS:サーバやストレージ、ネットワークのリソースを、月額や時間課金で利用できるサービス。豊富なラインナップであらゆるシステムニーズに対応。さらに、他のクラウド、オンプレミス、ハウジングなどを適材適所で利用する「ハイブリッドクラウド」やその「統合運用管理」を実現。
http://jpn.nec.com/cloud/service/platform_service/iaas.html
(注4) Oracle Cloud at Customer:ハードウェア、ソフトウェア、クラウド管理、サポート、IaaSを月額課金で提供するとともに、オラクルのデータベース、Exadata、Java開発基盤などをPaaSとして定額または従量課金で提供するサービス。Oracle Cloudとの完全互換性を備えた最新機能が利用可能。
(注5) 24時間365日、間断なく動作保証するものではありません。

Oracle PartnerNetworkについて
Oracle PartnerNetwork(OPN)は、パートナー企業に対してオラクル・ソリューションの開発、販売、導入に関する優先的な支援を提供するオラクルのパートナー・プログラムです。OPNではオラクルの製品やソリューションに関し、専門領域におけるトレーニングや専門知識をサポートするためのリソースを提供するほか、拡大するオラクルの製品ポートフォリオやパートナー、ビジネス機会の評価まで、支援を拡大させています。最新のOPNプログラムはパートナーの認定制度や「Oracle Cloud」への投資に対する報奨制度を中核に据えられており、パートナー企業はオラクルとの取り組みを強化することによって、「Oracle Cloud」に関する専門的なノウハウを得て差別化を図ると同時に、「OPN Cloud Program」を通じて顧客に成功をもたらすことができます。「OPN Cloud Program」は既存のOPNプログラムを補完し、「Oracle Cloud」の推進に取り組むパートナーの認定とそれぞれの段階に応じた特典が用意された革新的なプログラムとなっています。詳細については、 http://www.oracle.com/jp/partners をご覧ください。


<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NEC クラウドプラットフォーム事業部
E-Mail:event-info@ora.jp.nec.com

日本オラクル Oracle Digital
電話:0120-155-096
http://www.oracle.com/jp/contact-us/overview/index.html

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
NEC コーポレートコミュニケーション部 橋本、矢代、増田
電話:(03)3798-6511
E-Mail:r-hashimoto@aj.jp.nec.com

日本オラクル 広報室 石川
電話:(03)6834-4837
E-Mail:pr-room_jp@oracle.com

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
企業動向業務提携
業種
ITその他IT


このカテゴリーの関連ニュースリリース(企業動向)


注目ワード
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会