パナソニックグループ


キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本コンテスト2016 最優秀作品校が決定【パナソニックキッズスクール】



キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本コンテスト2016 表彰式の様子

キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本コンテスト2016 表彰式の様子

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、「キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本コンテスト2016」の表彰式を2017年3月5日、パナソニックセンター東京(有明)で実施しました。

2016年度は小学生部門24校、中学生・高校生部門45校、両部門併せて69校77チームから作品が寄せられました。厳正な審査の結果、小学生部門で5作品、中学生・高校生部門で4作品の入賞(部門賞)と、佳作14作品が選出されました。その内、最優秀作品賞は、東京都 小笠原村FCフォルサ母島「つながる」と、福島県立磐城高等学校「Open.」に決定しました。両校は2016年度初参加、初受賞となります。

キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)は、パナソニックが1989年にアメリカで始めた教育支援プログラムです。世界19の国と地域で、これまでに累計18万人以上の子ども達や先生が参加しています。同社が撮影機材と制作ノウハウを提供し、子ども達自らが自由な発想で映像制作に取り組むことを通じて、創造性やコミュニケーション能力を高め、チームワークを養うことを目的として、国・地域ごとに運営しており、日本では2003年より始まりました。

【最優秀作品賞 作品概要】(以下、児童・生徒による作品説明より抜粋)
小学生部門 最優秀作品賞「つながる」
東京から南に約1,000キロメートルの小笠原諸島・母島。お店も3軒しかなく、信号もタクシーも無い、高校も大学も無い母島。でも島には美しい自然と、素晴らしい人たちがいる。僕たちは、そのどれともつながっていることを感じます。あふれんばかりの大自然を舞台に「つながる」ことの大切さを伝えます。

中学生・高校生部門 最優秀作品賞「Open.」
何気ない行動で、救われる人がいる。無意識の行動でも、閉ざされた心を開くことができる。「言葉に出さなくても、伝わることがある」それを伝えたい。ノンバーバル・コミュニケーションを題材に制作。

※上記2作品は「キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)グローバルコンテスト2017」の審査に、各部門の日本代表としてエントリーされます。

※入賞・佳作作品につきましては下記サイトにて順次公開してまいります。

▼キッド・ウィットネス・ニュース(KWN) 日本コンテスト 2016スペシャルサイト
入賞作品紹介
http://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn/jp_contest2016.html
▼キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本ホームページ
http://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn.html

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 ブランドコミュニケーション本部 CSR・社会文化部
熊沢(TEL:03-3574-5665) 

【受賞作品一覧】

■小学生部門 入賞(5校)
・最優秀作品賞 / トレジャー賞
東京都 小笠原村 FCフォルサ母島 「つながる」
・ハーモニー賞
神奈川県 森村学園初等部 「A Message」
・ジャーナリスト賞
熊本県 荒尾市立 桜山小学校 「バリアフリーってなんだろう?」
・ハートフル賞
福岡県 福津市立 福間南小学校 「ありがとう」
・次世代クリエイター特別賞(テーマがひかるで賞)
東京都 江戸川区立 篠崎小学校 「My Name Is・・・」

■中学生・高校生部門 入賞(4校)
・最優秀作品賞 / ベスト映像賞
福島県 福島県立 磐城高等学校 「Open.」
・ベストジェネレーション賞 / 次世代クリエイター賞(等身大の心で賞)
沖縄県 昭和薬科大学附属中学校 「好き 嫌い どっちでもいい」
・未来シーズ賞
宮崎県 宮崎日本大学高等学校 「ことば」
・ロマンチック賞
大阪府 大阪府立 茨木高等学校 「月と、好き。」

■小学生部門 佳作(7校)
・和歌山県 和歌山大学教育学部附属小学校 「紀州材元気プロジェクト」
・兵庫県 市川町教育委員会 「HEIKO ―閉校―」
・神奈川県 横浜国立大学附属 鎌倉小学校 「このごみの山をそのままにしてはおけないけど、いったいわたしたちに何ができるんだろう・・・?」
・鳥取県 倉吉市立 河北小学校 「ぼくらの昼ごはん ~給食から弁当へ~」
・鳥取県 倉吉市立 灘手小学校 「わたしたちのふるさと 灘手」
・東京都 八王子市立 下柚木小学校 「未来への道」
・東京都 台東区立 上野小学校 「上野の良さを発信しよう ~マーチ作り~」

■中学生・高校生部門 佳作(7校)
・福島県 いわき市立 勿来第一中学校 「江戸っ子の心意気」
・兵庫県 武庫川女子大学附属中学校 「松を明日につなげる」
・東京都 東京都立 青井高等学校 「ハビタブル」
・福岡県 福津市立 津屋崎中学校 「転校生 ~Face to Face~」
・沖縄県 昭和薬科大学附属高等学校 「夢のまた夢」
・広島県 尾道市立 浦崎中学校 「青い目の人形」
・北海道 札幌市立 陵北中学校 「CONNECT ~1つの感謝で~」


<関連情報>
・キッド・ウィットネス・ニュース
http://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn/
・KWNを含めたパナソニック次世代育成支援プログラムサイト
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/child/
・Panasonic KWN Global Facebookページ
https://www.facebook.com/PanasonicKWN.Global/
・パナソニックキッズスクール
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pks.html

関連URL:http://news.panasonic.com/jp


  • キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本コンテスト2016 表彰式の様子 キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)日本コンテスト2016 表彰式の様子
  • CMディレクター 山口 香審査委員からトロフィーを授与される磐城高等学校の遠藤 愛実さん CMディレクター 山口 香審査委員からトロフィーを授与される磐城高等学校の遠藤 愛実さん
  • 磐城高等学校の皆さんと審査員、司会陣 磐城高等学校の皆さんと審査員、司会陣
  • 東京藝術大学院 教授 伊藤 有壱審査委員と小笠原村FCフォルサ母島の寺戸 藍波さん 東京藝術大学院 教授 伊藤 有壱審査委員と小笠原村FCフォルサ母島の寺戸 藍波さん
  • 小笠原村FCフォルサ母島の皆さんと審査員、司会陣 小笠原村FCフォルサ母島の皆さんと審査員、司会陣



注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル