学校法人近畿大学


高野町と近畿大学が「大学のふるさと協定」を締結 ~高野町との地域交流事業に貢献~



高野町長 平野嘉也(左)、近畿大学学長 塩﨑均(中央)、和歌山県知事 仁坂吉伸(右)

高野町長 平野嘉也(左)、近畿大学学長 塩﨑均(中央)、和歌山県知事 仁坂吉伸(右)

和歌山県伊都郡高野町と近畿大学(大阪府東大阪市)は、和歌山県の「大学のふるさと」事業の趣旨に賛同し、本日、平成29年(2017年)2月27日(月)、和歌山県庁にて「大学のふるさと協定」を締結しました。

【本件のポイント】
●高野町と近畿大学が連携し、双方にとって有益で継続的な取り組みを推進
●総合大学の英知を結集し、高野町の地域課題への対応と地域の活性化に貢献
●和歌山県は両者の活動内容を積極的に広報するなど、継続的な交流活動を支援

【本件の概要】
和歌山県伊都郡高野町と近畿大学は、本学経済学部での平野町長による特別講義の実施や、高野町の魅力を探るプレ調査の実施等で交流してきました。このたび、連携をさらに深め、双方にとって有益な取り組みを行っていくために、和歌山県が実施している「大学のふるさと事業」に基づき、協定を締結しました。
弘法大師(空海)が修禅の道場として開いたことで有名な霊峰・高野山を中心とした高野町の伝統ある歴史と、14学部48学科を有する総合大学である近畿大学の知見を生かして、産業・観光振興と地域間交流を中心とした連携・交流を図ります。また、和歌山県は、広報などの活動サポートを実施し、交流活動の継続を支援します。

関連URL:http://www.kindai.ac.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 高野町長 平野嘉也(左)、近畿大学学長 塩﨑均(中央)、和歌山県知事 仁坂吉伸(右) 高野町長 平野嘉也(左)、近畿大学学長 塩﨑均(中央)、和歌山県知事 仁坂吉伸(右)


このカテゴリーの関連ニュースリリース(企業動向、調査・報告、CSR)


注目ワード
シルバーウィーク
台風
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭