学校法人近畿大学


建築学部『熊野ニスム!』を開催 熊野のアート・イン・レジデンス・プロジェクト



昨年竣工した“コウノイエ”

昨年竣工した“コウノイエ”

近畿大学建築学部(大阪府東大阪市)では、講師 佐野こずえ(住宅計画研究室)のゼミ学生(4年生2人、3年生13人)と非常勤講師で建築家の多田正治らのグループが、三重県熊野市神川町神上(こうのうえ)で空き家をリノベーションして地域交流拠点とした“コウノイエ”と旧神上中学校にて、展覧会『熊野ニスム』を平成29年(2017年)4月1日(土)~4月9日(日)に開催します。

【本件のポイント】
●空き家となった古民家をリノベーションし建築学部の学生らが地方創生の場として活用
●熊野産の木材を使用することで産業をアピール
●空き家を人が集う空間にリノベーションすることで、学生は実践的に建築学を学ぶ

【本件の概要】
『熊野ニスム!』では通常の展覧会と違い、その土地に滞在しながら作品を制作する「アート・イン・レジデンス・プロジェクト」として、アーティストたちが熊野に住み、地元産の木材などにこだわって展示会場の設計(空間デザイン)や展示物の作成を行った展示会です。現地の人とのふれあいをもとに人が集まる空間を創造し、地元の活性化につなげたいと考えています。
本学学生も、数日間熊野に滞在し、地元の人とふれあい、空間デザインをすることで地方創生に貢献します。本イベントの『熊野ニスム!』は「熊野に住む」そして「熊野イズム!」を掛け合わせたものとなっています。

【イベント概要】
■日  時:平成29年(2017年)4月1日(土)~4月9日(日)
■場  所:“コウノイエ”(三重県熊野市神川町神上938)
      旧神上中学校(三重県熊野市神川町神上198)
■対  象:一般の方入場可能(定員なし、入場無料、申込不要、入退場自由)
■お問合せ:熊野神川桜まつり実行委員会 TEL(0597)82-0001

【本件の背景】
神川町は三重県熊野市の山間部に位置します。かつては林業やダム開発で賑わいましたたが、現在は人口300人ほどの集落です。地方は人口が減少することにより、仕事が減り商業が衰退、交通が不便になり、さらに人口が減少していきます。しかし、都市と地方が交流を行い、お互いに刺激しあうことによって、新たな取り組みが生まれると考え、人的交流を行うためには、その地域にある程度の期間滞在し、コミュニケーションをとることが必要です。しかし、多くの地方は滞在できる場所がなく、交流の拠点となる場所が求められています。
そこで、近畿大学建築学部では、神川町の旧神上中学校の活用プロジェクトの提案を企画しました。その展覧会を行い、この取り組みを多くの方に知って頂きたいと思います。

【プログラム】
4月1日(土)13:30-18:00
4月2日(日)11:00-18:00
4月5日(水)11:00-18:00
4月6日(木)16:00-21:00
4月8日(土)16:00-      桜まつり前夜祭
4月9日(日)10:00-16:00  桜まつり
※4月3日(月)4月4日(火)4月7日(金)休館日
※学生は4月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)に参加予定です。

【関連リンク】
建築学部建築学科 講師 佐野 こずえ(サノ コズエ)
http://www.kindai.ac.jp/meikan/1145-sano-kozue.html

関連URL:http://www.kindai.ac.jp/architecture/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 昨年竣工した“コウノイエ” 昨年竣工した“コウノイエ”



注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル