学校法人近畿大学


新校長・園長に森田哲が就任 近畿大学附属小学校・幼稚園



森田哲(もりたさとし)

森田哲(もりたさとし)

近畿大学附属小学校・幼稚園(奈良県奈良市)では、平成29年(2017年)4月1日付で、新しい校(園)長に森田哲(もりたさとし)が就任します。
第14代校長、第10代園長となる森田哲は、昭和57年(1982年)に近畿大学附属高等学校・中学校に理科教員として入職し、同校で入試企画部長、ICT教育推進室長、教頭、校長代行を歴任しました。同校において、とりわけICT教育に積極的に取り組み、平成25年(2013年)からiPadの導入を順次行い、平成27年(2015年)には全校生徒・教職員約4,000人がiPadを所持し、日常的にiPadを活用した教育が行われる学校へと変貌させ、改革を牽引しました。
思考力・判断力・表現力・活用力などの向上に取り組む本校(園)において、校(園)長として、未来志向のさらなる教育力の向上へと導く役割を担っていきます。

【略歴】森田 哲
昭和34年3月10日生まれ。大阪府出身。58歳
昭和57年 近畿大学附属高等学校着任
平成14年 近畿大学附属高等学校 入試企画部長
平成19年 近畿大学附属高等学校 教頭補佐
平成25年 近畿大学附属高等学校 ICT教育推進室長
平成26年 近畿大学附属高等学校・中学校 教頭
平成28年 近畿大学附属高等学校・中学校 校長代行
平成29年 近畿大学附属小学校 校長、附属幼稚園 園長

【教育方針・抱負等】
子供たちが生まれ育つこの国は、資源に乏しい島国です。しかし現在、世界の人たちから尊敬を受ける社会を築くことができたのは、先人たちが教育を大切にして人材を育てることに情熱を注いできたからでしょう。誠実さや人を思いやる豊かな心、困難に立ち向かう勇気などは目には見えませんが、私たちが受け継いできた価値ある資産と言えます。
子供たちが将来活躍する世界は混迷の様相を深めていますが、闇が深くなればなるほど光はその輝きを増します。この時代・この国に生まれたことには、一人ひとり大切な意味があります。現在進められつつある国の教育の大改革は、単にICT機器の導入や新しい授業形態への移行であってはなりません。私たちは、子供たちのために聡明でなければならないと考えています。
「後生畏るべし」の言葉の通り、子供たちの無限の可能性を信じて児童・園児の教育に携わりたいと考えています。

関連URL:http://www.fes-kinder.kindai.ac.jp/


  • 森田哲(もりたさとし) 森田哲(もりたさとし)



注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
年賀状