学校法人近畿大学


「近大柑橘」のパンケーキを販売 4月11日(火)からカフェ ラ・ポーズ新大宮店にて



「近大柑橘」のパンケーキ

「近大柑橘」のパンケーキ

近畿大学附属農場湯浅農場(和歌山県有田郡湯浅町)は、有限会社日本クリーンシステムズ(奈良県奈良市)が運営する桃谷樓グループのカフェ部門である、カフェ ラ・ポーズ新大宮店にて、平成29年(2017年)4月11日(火)から、“立花オレンジ”を使用した「近大柑橘」のパンケーキを販売します。

【本件のポイント】
●湯浅農場では約200種類の柑橘を栽培しており、その柑橘の中から“立花オレンジ”を提供
●実学教育の場として本学農学部の学生(約100人)も“立花オレンジ”の栽培に携わる
●近畿大学の研究成果を広く発信することで社会に貢献

【本件の概要】
本学農学部の学生(約100人)と技術員が湯浅農場で丹精込めて栽培した“立花オレンジ”は、果面がきわめてなめらかで美しく、甘酸っぱく、さっぱりと爽やかな味わいが特徴です。
今回、“立花オレンジ”を提供する「カフェ ラ・ポーズ」は、桃谷樓グループのカフェ部門として平成26年(2014年)に開業し、伝統的なフランス菓子「スフレ」をアレンジした口の中でとろける「ふわっと軽い」生地が特徴のパンケーキを提供しています。今回、そのパンケーキに本学附属農場湯浅農場で栽培した“立花オレンジ”を使用し、平成29年(2017年)4月11日(火)から販売します。

■販売日 :平成29年(2017年)4月11日(火)~(160食提供予定、無くなり次第終了)
■販売店舗:カフェ ラ・ポーズ新大宮 ラ・ポーズの森(奈良県奈良市芝辻町2-11-62)
■メニュー:「近大柑橘」のパンケーキ
■価  格:1,300円(税込)
■お問い合わせ:有限会社日本クリーンシステムズ
        担当:伊藤喜昭、谷川友里恵 TEL(0742)33-5321

【立花オレンジについて】
河野ナツダイダイ(俗にいう甘夏)が変異してできた品種で、和歌山県美浜町の立花政一氏の圃場で発見されました。
果実の外観は果皮が薄く、果面がなめらかできわめて美しいことが特徴です。また、甘酸っぱい味が特徴的な柑橘です。

【近畿大学附属農場湯浅農場について】
近畿大学附属農場湯浅農場は、昭和27年(1952年)に開設以来、柑橘類の栽培・機能性成分の有効利用研究、熱帯果樹類の実用化栽培の研究・開発を進めています。和歌山の比較的温暖な気候を利用し、昭和62年(1987年)からマンゴーの栽培に取り組み、栽培技術を確立しました。
湯浅農場で栽培された温州みかん、マンゴーはそれぞれ「近大みかん」、「近大マンゴー」の愛称で親しまれています。また、栽培研究以外にも栽培している作物に食用以外の利用価値を求め、研究に取り組んでいます。

【会社概要】
会 社 名:有限会社日本クリーンシステムズ
設   立:平成2年(1990年)11月
代 表 者:代表取締役社長 畑中利久
本社所在地:奈良県奈良市芝辻町2-11-6 ホテル・葉風泰夢1F
事業内容 :ホテル、中国料理レストラン、カフェレストラン経営、惣菜等の製造販売
従業員数 :420名(正社員120名・準社員300名)

関連URL:http://www.kindai.ac.jp/farm/


  • 「近大柑橘」のパンケーキ 「近大柑橘」のパンケーキ



注目ワード
シルバーウィーク
台風
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭