横須賀市電気設備協会との公共建築物に係る地震時の電気設備の点検等に関する協定書の締結について~地震時による大規模災害にそなえて~



出席された横須賀市電気設備協会会長、副会長、専務理事の皆さんと吉田横須賀市長

出席された横須賀市電気設備協会会長、副会長、専務理事の皆さんと吉田横須賀市長

近年発生している東日本大震災や熊本地震などは想定を超えた災害であり、電気設備の点検及び復旧の対応は重要な課題となっています。

行政センター等の施設は大規模地震時に災害情報の発信源や復興活動の拠点になるなど重要な役割を担っているので、発生直後に、情報通信機器等の点検及び応急対策を実施し、その安全性や機能を確保することが必要です。

ここ数年、直下型大地震などの危険性が指摘されており、大規模な地震が発生した場合、情報通信機器等の電源の確保を行い、公共施設における市民への情報伝達等、市民対応が円滑に行われることを目的として横須賀市電気設備協会と今回の協定を締結するものです。


<協定書の主な内容>
(1)横須賀市電気設備協会は、震度6弱以上の地震の場合、各行政センター9か所、本庁舎及び消防局庁舎に自動出動し、電源確保に関する点検を行い応急的な復旧措置を行う。

(2)横須賀市電気設備協会は、災害時の資材不足に備えて行政センターの応急対策に必要な資材をあらかじめ各行政センターに備蓄しておく。

(3)横須賀市は、震度5弱以上の地震の場合、公共施設の点検等に関して横須賀市電気設備協会に協力要請をできる。


▼お問い合わせ
都市部公共建築課
横須賀市小川町11番地 分館3階<郵便物:「〒238-8550 公共建築課」で届きます>
電話番号:046-822-8297
ファクス:046-822-8537


▽横須賀市について
横須賀市(市長:吉田 雄人)は、神奈川県・三浦半島の中央に位置し、東は東京湾、西は相模湾に面しています。東京湾の入り口にあたり、幕末にペリーが来航した「開国のまち」としても知られています。都心からほど近く(電車で横浜から約25分、品川から約50分)、海と緑の豊かな自然環境をいかし、「選ばれるまち横須賀」を目指してさまざまな取り組みを行っています。また、よこすか海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガー、日本遺産などの観光やウィンドサーフィンワールドカップ開催といった、マリンレジャーなどにも力を入れています。人口403,123人(2017年6月現在)。
横須賀市の詳細については、http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.htmlをご覧ください。

関連URL:https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4827/nagekomi/4290609.html


  • 出席された横須賀市電気設備協会会長、副会長、専務理事の皆さんと吉田横須賀市長 出席された横須賀市電気設備協会会長、副会長、専務理事の皆さんと吉田横須賀市長



注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風