ICT CONNECT 21


学校教育と、災害時の情報連絡を同時にICT化!
助成金の活用で、「みらいスクールステーション」の導入がしやすくなります。



富士ソフト株式会社と安川情報システム株式会社が業務連携を開始

ICT CONNECT 21 ( https://ictconnect21.jp/ 、赤堀侃司会長)の会員である富士ソフト株式会社( http://www.fsi.co.jp/ 、本社:神奈川県横浜市,代表取締役 社長執行役員:坂下 智保)は、総合教育ソリューション「みらいスクールステーション」を、安川情報システム株式会社( http://www.ysknet.co.jp/ 本社:北九州市八幡西区、代表取締役社長:諸星 俊男)の提供する無線ネットワークアクセス管理装置「NetSHAKER W-NAC」と連携いたします。

▼みらいスクールステーション(富士ソフト株式会社)
https://www.mirai-school.jp/

総務省は、2017年度から2019年度までの3カ年における国庫補助事業として「防災等に資するWi‐Fi環境の整備計画」を公表しました。災害時に防災拠点となりうる小学校および中学校などの教育機関においても、Wi‐Fi環境の整備が推進されています。
「みらいスクールステーション」は、Wi-Fi環境や有線LAN環境などを使用して教室内に配置したメディアボックスに校内サーバからデジタル教材などのコンテンツを配信する機能を持つ総合教育ソリューションです。今回の連携により、「NetSHAKER W-NAC」を校内サーバとして利用できるようになり、専用サーバがなくても授業で利用するコンテンツを配信することが可能となりました。「NetSHAKER W-NAC」の導入校は、メディアボックスを追加設置するだけで「みらいスクールステーション」が利用できます。また新規導入をご検討の場合は、防災等に資するWi‐Fi環境整備の助成金を活用することで導入コストを軽減できます。

「NetSHAKER W-NAC」の防災拠点機能(2017年7月から提供予定)は、災害時にWi-Fi解放レベルを簡単なボタン操作で設定変更できるもので、「みらいスクールステーション」の電子掲示板機能や校内ライブ放送機能を活用することで大画面テレビへの安否情報や避難生活に関する情報を表示できます。
平常時のセキュアな学校教育支援の基盤として、災害時の情報活用の基盤として活用いただけます。

▼NetSHAKER W-NAC(安川情報システム株式会社)
http://www.ysknet.co.jp/product/type/appliance/nsk_dots/index.html

▼みらいスクールステーションの避難所活用事例動画(荒川区公立中学校)
https://youtu.be/Mk10OlFkB7A

富士ソフトは、「みらいスクールステーション」で21世紀を生きる子どもたちの学びにふさわしい環境を提供するとともに、学校における防災拠点の情報活用支援にも取り組んで参ります。

▼みらいスクールステーション「ブランドムービー」公開中!
https://youtu.be/QRi5LLfpkec

-------------------------------------------------------------------
<お問い合わせ>
富士ソフト株式会社 みらいスクール事業部
(横浜オフィス)神奈川県横浜市中区本町4-34
電話:0120-964-529

関連URL:https://www.mirai-school.jp/




このカテゴリーの関連ニュースリリース(サービス、企業動向)


注目ワード
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
年賀状
ランドセル