ヤマハ発動機株式会社 コーポレートコミュニケーション部


"鋳造のエキスパート・ヤマハ発動機" 「人とくるまのテクノロジー展 名古屋」出展概要について



当社の鋳造部品で構成されたスケルトンモデル「YZF-R1」

当社の鋳造部品で構成されたスケルトンモデル「YZF-R1」

 ヤマハ発動機株式会社は、6月28日より開催される『人とくるまのテクノロジー展2017名古屋』(会場;ポートメッセ名古屋、主催;公益社団法人自動車技術会)において当社独自の”鋳造技術”をテーマにブース出展を行います。

 当社の鋳造技術は、軽量かつ外観の美しさが求められるオートバイ部品※1、高い信頼性と耐久性を求められるマリンエンジン(船外機)、著しい進化と複雑な形状の具現化が必要な自動車用エンジンなど、多様な製品群に織り込まれています。1955年の創業以来、自主開発・自主生産を貫き、「品質のヤマハ」「デザインのヤマハ」という評価の下支えとなっています。現在は海外8ヶ国で347台のグローバル標準機により、アルミ部品:11,600t/月、鋳鉄部品1,370t/月を生産しています。
 同時に当社は「鋳造部品のさらなる可能性を拓きたい」との考えから、”鋳造のエキスパート”としてベストソリューションをご提案しながら外販も進めています。

 今回は、世界初※2のオールアルミ製「DiASil(ダイアジル)シリンダー」「マグネシウムダイキャスト」「CFアルミダイキャスト」などの展示に加え、マリンエンジン用に専用開発したアルミニウム合金や、展開性に期待される各種鋳造技術の詳細を紹介。二輪車やマリンエンジンのスケルトンモデルも展示、“鋳造のエキスパート”としての当社の姿をご紹介いたします。

※1; 二輪車用エンジン、ホイール、フレームなど
※2; 2002年発表当時/ヤマハ調べ

【参考情報】
ヤマハ発動機の鋳造技術(2:40)
https://www.youtube.com/watch?v=KcDuy6PbY5k
ヤマハ発動機・事業紹介 鋳造(ダイキャスト)・鍛造
https://www.yamaha-motor.co.jp/cf/ 

ヤマハ発動機・技術サイト「技と術 "進化する鋳造技術"」
https://global.yamaha-motor.com/jp/profile/technology/spread/009/

【開催概要】
「人とくるまのテクノロジー展 名古屋」
日程:6月28日(水)~ 30日(金)
会場:ポートメッセなごや
主催:公益社団法人自動車技術会
http://expo-nagoya.jsae.or.jp/

  • 当社の鋳造部品で構成されたスケルトンモデル「YZF-R1」 当社の鋳造部品で構成されたスケルトンモデル「YZF-R1」



注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
ランドセル