株式会社グローバルインフォメーション


国際学会 「集団健康管理移行学会」(Cambridge Healthtech Institute主催)の参加お申込み受付開始



先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2018年2月12-13日 米国、サンフランシスコにて開催されますCambridge Healthtech Institute主催 国際学会 「Bridge to Pop Health-集団健康管理移行学会」の代理店として参加のお申込み受付を7月10日より開始致しました。

2日間にわたって行われるこの学会では、保険者、医療機関、医療分野の金融機関、調査会社、技術プラットフォームのプロバイダー、ベンダーなどの代表が一堂に会し、診療ごとの個別支払いから価値に基づく医療へと向かう過渡期にPHM戦略を導入するための方策などをめぐって示唆に富む議論を展開します。

この学会で取り上げられる主なトピック

・診療ごとの個別支払いから価値に基づく医療への移行とPHM
・ITと分析技術を利用した転帰の予測、高リスク集団の標的化、質の改善
・PHM、リスクモデリング、患者の層別化
・医療の質に関する新たな尺度、ケアマネジメント、患者中心の技術を利用したリスク契約の管理
・PHM実現に向けた健康の社会的決定因子とライフスタイルをベースにした分析法の活用
・医療のためのビジネスインテリジェンス (BI) と予測解析
・個別化医療とコミュニティベースの医療が公衆衛生の従来のモデルに取って代わる可能性
・診療ごとの個別支払いとリスク分担に対応するための有効な戦略 (抱き合わせ、MACRA、シェアードセイビング)
・診療ごとの個別支払い、ペイフォーパフォーマンス、包括支払い制度、フルリスクモデルの併用
・臨床転帰の改善を後押しする統合化された臨床意思決定支援とリアルタイムアナリティクス技術
・医療の移行と連携の促進を通じたPHMの改善 (原点回帰)
・ビッグデータ分析技術を利用した手頃な消費者中心医療の実現

株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、韓国語、中国語で「Bridge to Pop Health-集団健康管理移行学会」の情報を提供するとともに、学会の参加のお申し込みを承っております。

学会:「Bridge to Pop Health-集団健康管理移行学会」
開催日:2018年2月12-13日
開催地: 米国、サンフランシスコ:Moscone South Convention Center, San Francisco, CA USA
概要、お申し込みはこちら: http://www.giievent.jp/chi520490/

Cambridge Healthtech Institute代理店
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
海水浴
夏休み
花火
夏祭り