日本テクノ株式会社


econews.jpにサステナブルな成長の可能性を探る
「アカデミックの現場から」新記事掲載!



サステナブル社会の構築に向けた取り組みを紹介します。

サステナブル社会の構築に向けた取り組みを紹介します。

★エコニュースウェブマガジン -2017.7.11更新-
アカデミックの現場から ~サステナブルな社会の構築に向けて~
第2回 持続可能な社会は人材の育成から

21世紀の日本では人口減少、高齢化や社会保障負担増など課題が山積みです。解決に向けては官・民さまざまな機関が研究し、今後のあるべき社会像を模索しています。
本コーナーはこうした研究について特に学術面に焦点を当て、サステナブル(持続可能な成長)社会像を探ります。第2回は持続可能な開発のための教育(ESD :Education for Sustainable Development)を通じ、サステナブルな社会の構築を図る立教大学ESD研究所を紹介します。
http://econews.jp/newspaper/academic/index.html


電気の『見える化』と『理解る化』でさまざまな企業の省エネサポート・コンサルティングを行う日本テクノ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:馬本英一、以下、日本テクノ)は、環境への取り組みをひとつにまとめた情報サイト「Eco News Web Magazine(エコニュースウェブマガジン)」を公開しています。
http://econews.jp/

「エコニュースウェブマガジン」は、環境・電気・エコをテーマに、時事ニュースや企業、自治体、教育機関等の活動を紹介しています。春夏秋冬の年4回、34万部発刊される環境市場新聞のWEB版として、最新号の記事や本紙に載りきらなかった「こぼれ話」なども公開しています。
当サイトのコンセプトは「コミュニケーション×省エネ活動=人から人へ省エネの輪」。
当サイトで更新される「省エネ」や「環境」などさまざまな情報を、「コミュニケーション」のきっかけとし、一緒に「省エネの輪」が広げていきましょう。


★日本テクノの概要
日本テクノでは、電気の“見える化”と“理解る化”でさまざまな企業の省エネ活動をサポートし、これまでに全国約54,000の事業拠点のお客様とともに、省エネ活動によるCO2削減に取り組んできました。電力の省エネルギーコンサルティングをはじめ、電力の小売り、高度な電気保安管理サービス、電気工事と、電気に関して幅広く事業展開をしております。


【日本テクノ株式会社について】
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル53階
TEL:03-3349-1111  FAX:03-3349-1112
設立:1995年4月4日
代表者:代表取締役社長 馬本 英一
従業員数:1086名(2017年7月1日現在)
事業内容:電力小売事業、高圧電気設備保安管理・点検業務、キュービクル常時監視システム販売および電力コンサルティング、電気料金自動検針事業
URL:http://www.n-techno.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
日本テクノ株式会社 広報室
TEL:03-5909-5128
E-mail:info@n-techno.co.jp

  • サステナブル社会の構築に向けた取り組みを紹介します。 サステナブル社会の構築に向けた取り組みを紹介します。


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
海水浴
夏休み
花火
夏祭り