博物館企画展示「実物のない展示会~自然科学と二次資料~」



横須賀市イメージキャラクター「スカリン」

横須賀市イメージキャラクター「スカリン」

実物の資料を一次資料というのに対し、実物の複製や実物の記録を二次資料といいます。今回の展示では恐竜の化石レプリカやバードカービングなど見応えのある二次資料を多数展示します。博物館の自然科学における二次資料の意義と、博物館の資料収集・保存について市民にわかりやすく紹介します。

1.期間・会館時間
7月15日(土曜日)~11月5日(日曜日)9時~17時
【休館日:月曜日(ただし祝日の場合は翌日)】

2.場所
横須賀市自然・人文博物館人文館3階特別展示室(横須賀市深田台95番地)

3.内容
化石レプリカ
化石のレプリカは博物館の二次資料の代表です。恐竜をはじめとする化石レプリカを多数展示します。
長さ3.5mの草食恐竜の歩行跡の化石レプリカも展示します。

いろいろな模型
バードカービング(木彫りの鳥の模型)やウミウシ、キノコ、アノマロカリスなど、さまざまな模型を展示します。

学芸員おすすめの写真
標本写真だけでなく、野外で撮る景観写真や生態写真もまた、生き物と周囲の様子を記録した二次資料です。
学芸員が撮影したおすすめの写真を紹介します。

昆虫ぬり絵コーナー
細密画やイラストも実物の特徴を効果的に伝える二次資料です。実物の標本を見ながら色をぬり、イラストづくりにチャレンジできるコーナーを併設します。

4.関連行事
企画展展示解説
日時:7月15日(土曜日)、8月26日(土曜日)、10月1日(日曜日)、11月4日(土曜日)
14時~15時

場所:横須賀市自然・人文博物館3階特別展示室(参加自由)

夏休み企画「自分でつくる!化石レプリカ」
日時:8月19日(土曜日)9時30分~12時、8月19日(土曜日)13時~15時
(申込制、博物館本館講堂 参加費200円)



関連リンク
横須賀市自然・人文博物館情報
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8161/benri/hakubutukan.html


▼お問い合わせ
教育委員会事務局教育総務部博物館運営課
〒238-0016 横須賀市深田台95番地 
電話番号:046-824-3688
ファクス:046-824-3658


▽横須賀市について
横須賀市(市長:上地 克明)は、神奈川県・三浦半島の中央に位置し、東は東京湾、西は相模湾に面しています。東京湾の入り口にあたり、幕末にペリーが来航した「開国のまち」としても知られています。都心からほど近く(電車で横浜から約25分、品川から約50分)、海と緑の豊かな自然環境をいかしたさまざまな取り組みを行っています。また、よこすか海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガー、日本遺産などの観光やウィンドサーフィンワールドカップ開催といった、マリンレジャーなどにも力を入れています。人口402,911人(2017年7月現在)。
横須賀市の詳細については、http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.htmlをご覧ください。

関連URL:http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8161/nagekomi/n2017071102.html


  • 横須賀市イメージキャラクター「スカリン」 横須賀市イメージキャラクター「スカリン」



注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会