サン電子株式会社


LTEマルチキャリア対応 IoT/M2Mダイヤルアップルータ「Rooster AX220」を発売



サン電子株式会社(愛知県江南市、代表取締役社長 山口正則 ジャスダック:6736 以下サン電子)は、LTEマルチキャリア対応IoT/M2Mダイヤルアップルータ「Rooster AX220」(ルースターエーエックス220)を2017年7月31日(月)より出荷を開始いたします。

国内3rdパーティ通信BOX市場にて5年連続シェアNo1(※1)の「Roosterシリーズ」であるAX220は、NTTドコモ、ソフトバンク(※2)、KDDI(※2)(いずれもMVNO含む)が利用できる通信モジュールを搭載しており、ユーザーが利用したいモバイル回線を自由に選択することができるIoT/M2M向けダイヤルアップルータです。安心・安定運用を実現する自律接続維持機能(ASC)を搭載し、ローコストでの提供を可能にいたします。

また遠隔監視で高まるIoT/M2M通信機器のニーズに応え、大規模運用管理を容易にする遠隔管理サービス「SunDMS」に対応、運用コストダウンが可能となります。


<Rooster AX220の主な特長>

●LTEマルチキャリア対応
LTEマルチキャリア通信モジュールAM Telecom社製AML570を搭載しており、NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI(いずれもMVNO含む)に対応。キャリアに合わせて機器を選定する必要がなく、利用したいモバイル回線を自由に選択することができます。

●RS-232CとLANインターフェイス搭載
シリアル通信規格であるRS-232Cはモデムモードの他、後位端末でPPPプロトコルが実装されていなくてもIPによる通信を可能にするプロトコル変換機能を実装しています。
また、NTTドコモ ユビキタスモジュールUM02-F、UM02-KO、UM03-KOのATコマンドエミュレータ機能を搭載。後位端末のコマンド仕様を変更することなく置き換えが可能です。

●IoT/M2M遠隔管理サービス「SunDMS」を搭載(※3)
Roosterシリーズのより安心・安定運用を実現するため、Roosterの死活監視やファームウェアの更新、ログ、温度、電圧管理などを無償で遠隔集中管理することができます。


※1 出典:2017年発行 テクノ・システム・リサーチ「国内モバイルIoT/M2M市場動向調査(2016年版)」
※2 ソフトバンク、KDDIについては近日対応予定です。
※3 サービス開始時期につきましては営業窓口までお問い合わせください。




【関連URL】
本ニュースリリースURL
http://www.sun-denshi.co.jp/sc/press/newsrelease/170714_ax220.html

Rooster AX220製品URL
http://www.sun-denshi.co.jp/sc/ax220/

SunDMSサービスURL
http://www.sun-denshi.co.jp/sc/dms/

※仕様は予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。
※「Rooster」はサン電子の登録商標です。
※その他、記載されている社名、製品名等は、各社の商標または登録商標です。


【報道関係各位のお問合せ先】
サン電子株式会社 M2M事業部
本社 〒483-8213 愛知県江南市古知野町朝日250
TEL:0587-55-7750  FAX:0587-55-0815
担当:森田 友美

【製品・サービスに関するお問合せ先】
サン電子株式会社 M2M事業部
東京事業所 〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3番地
富士ソフト秋葉原ビル11階
TEL:03-3525-8165  FAX:03-5289-7490
担当:営業部  堀井 昭里

関連URL:http://www.sun-denshi.co.jp/sc/





注目ワード
海水浴
夏休み
花火
夏祭り