パナソニックグループ


【パナホーム】3階建住宅 『Vieuno3E』7月20日新発売~勾配屋根採用とエレベーター標準搭載により、規制の厳しい都市部住宅空間を拡大



『Vieuno3E』全販売エリア向けプラン 6.80kW太陽光発電搭載(イメージ)

『Vieuno3E』全販売エリア向けプラン 6.80kW太陽光発電搭載(イメージ)

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:松下 龍二、以下、パナホーム)は法的規制の厳しい都市部住宅地向け3階建住宅『Vieuno3E(ビューノ スリーイー)』を2017年7月20日に新発売しました。勾配屋根の形状を活かし、眺望の良い3階部分に最大天井高3.1m(※1)の広い「3階リビング」を実現。フロア間の移動をスムーズにし、利便性を高めるために、パナホームとして初(※2)となるパナソニック製ホームエレベーターを標準搭載しました。さらに、狭小地のフラット屋根では難しかった太陽光発電システムの搭載も、新開発の異勾配屋根に発電効率の高いHIT(※3)太陽光発電システムを搭載することで、ZEH対応も可能となります。あわせてパナホームは、日本初(※4)の7階建住宅展示場(東京都墨田区・「錦糸町住宅公園」内)を2017年7月1日に、関西初(※5)の5階建住宅展示場(大阪市浪速区・「なんば住宅博」内)を2017年7月22日にオープンし、これらの施策により、3階建~9階建(工業化住宅最高(※6))の多層階住宅事業の拡大を目指します。

『Vieuno』シリーズは、“上へ、上へ、ビューノ。”をテーマとした、都市部向けの多層階住宅。パナホームは、お客さまの住まいづくりにおいて、さまざまな法的規制が阻む状況に着目。多彩な勾配屋根に対応する『Vieuno3E』では、厳しい規制をクリアしつつ、パナソニックグループの総合力を活かした新たな3階建の住まいを提案していきます。

■『Vieuno3E』の特長
1. 多彩な勾配屋根採用により都市部住宅の3階を最大天井高3.1mの広い空間に。眺望の良い「3階リビング」提案やパナソニック製ホームエレベーター標準搭載。

『Vieuno3E』は多彩な勾配屋根の採用により、3階に勾配天井を活かした最大天井高3.1mのダイナミックな空間で、眺望や日当たりの良い「3階リビング」を提案。さらに、パナホームとして初となるパナソニック製ホームエレベーターを標準搭載し、バリアフリーな3階建のくらしを実現することで、二世帯住宅にも最適。また、各フロアの移動や家事においてもスムーズです。2・3階部分を吹き抜けでつなぐプランでは、家族の気配を感じながら、程よい距離感を保つことも可能です。これらの空間対応力の強化により、3階空間の価値を最大限に高めたくらしを提案します。

2. 従来比最大2.1倍(※7)の太陽光発電システム搭載により、ZEH対応も可能。断熱性に優れたサッシ標準採用とZEH基準の断熱性能向上で、快適な3階空間に。

狭小地の3階建住宅でフラット屋根を採用した場合、斜線制限により屋根面積が小さくなり、太陽光発電システムの搭載量は限られるため、ZEH対応は難しい状況でした。『Vieuno3E』は、斜線制限への対応と、太陽光発電システムの搭載量アップを実現する異勾配屋根を開発。これにより、フラット屋根を採用した場合と比べて、最大2.1倍の太陽光発電システム搭載が可能になりました。さらに、断熱性に優れた「アルミ樹脂複合サッシS」の標準採用とZEH基準の断熱性能により、快適な「3階リビング」を実現。ZEH補助金の適用によるイニシャルコストをはじめ、太陽光発電の自然エネルギー利用によるランニングコストの低減に貢献します。

■『Vieuno3E』 概要
商品名:『Vieuno3E』(ビューノ スリーイー)
発売日:2017年7月20日
構造:制震鉄骨軸組構造
参考プラン:
●全販売エリア向3階建二世帯住宅プラン
・延床面積189.97平方メートル(57.45坪)
・3階建
・準耐火仕様(エレベータ・太陽光発電システム・蓄電池搭載)
●東京都向3階建二世帯住宅プラン
・延床面積179.19平方メートル(54.19坪)
・3階建
・準耐火仕様(エレベータ・太陽光発電システム・蓄電池搭載)
対応階数:3階
販売地域:北海道および一部地域を除く全国

※1:3階勾配天井の最高部分の高さ
※2:パナホームとしてホームエレベーターを標準搭載することにおいて。2017年7月時点
※3:「HIT」はパナソニックグループの登録商標
※4:工業化住宅業界において。2017年7月時点・パナホーム調べ
※5:工業化住宅業界において。2017年7月時点・パナホーム調べ
※6:工業化住宅業界において。2017年3月時点・パナホーム調べ
※7:フラット屋根と勾配屋根へのパナソニック製太陽光発電システム(HIT243BBplus)搭載可能量の比較において(パナホーム比)

▼[パナホーム プレスリリース] 3階建住宅 『Vieuno3E』 2017年7月20日新発売(2017年7月20日)
http://www.panahome.jp/company/news/release/2017/0720.html

■お問い合わせ先
パナホーム株式会社 広報・渉外部
〒560-8543 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
TEL 06-6834-1955
井筒 克彦・古矢 直美
http://www.panahome.jp/

<関連情報>
・『Vieuno3E/S』紹介ページ
http://www.panahome.jp/tasoukai/vieuno/vieuno3s

※標準仕様とされている内容はパナホーム推奨のものであり、お客様のご要望・建築地域・販売会社、その他の要因により、採用・搭載されない場合があります。

関連URL:http://news.panasonic.com/jp


  • 『Vieuno3E』全販売エリア向けプラン 6.80kW太陽光発電搭載(イメージ) 『Vieuno3E』全販売エリア向けプラン 6.80kW太陽光発電搭載(イメージ)
  • 『Vieuno3E』東京都向けプラン(東京都 第2種高度地区)4.37kW太陽光発電搭載(イメージ) 『Vieuno3E』東京都向けプラン(東京都 第2種高度地区)4.37kW太陽光発電搭載(イメージ)


このカテゴリーの関連ニュースリリース(製品、技術・開発、告知・募集)


注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル