株式会社ベアーズ


がんと共生する社会づくりへの取り組み
ベアーズ「ライフネットのがん保険 ダブルエール」にパートナー参画
がん罹患者様向け 家事代行サービスを開始!



家事代行のベアーズ

家事代行のベアーズ

2016年10月で創業18年目を迎えました、株式会社ベアーズ(本社:中央区日本橋蛎殻町、代表取締役社長:高橋健志、以下ベアーズ)は、このたび、ライフネット生命保険株式会社(本社:千代田区、代表取締役社長:岩瀬大輔、以下ライフネット生命)が、2017年8月1日(火)より販売開始する、「ライフネットのがん保険 ダブルエール」にパートナー企業として参画し、働きながら、がんを治療することを、家事代行サービスを通じて支援いたします。

【約3人に1人が現役世代でがんに(※1)】
2012年において、がん患者の約3人に1人は、20歳から64歳までの就労可能年齢でがんに罹患し、その数は約26万人(※2) となっています。その一方で、現在、約 75%のがん患者はがんと診断された後も、退職せずに働きながら治療を続けています(※1)。

がんが「死に至る病」から「長く付き合う病気」へと変化していく中で、治療費の増加と収入の減少への備えはもちろん、治療と仕事、家事や育児といった日々の暮らしを両立していくための支援が欠かせません。

今回、ライフネット生命が販売開始する「ライフネットのがん保険 ダブルエール」では、がん患者が直面する治療にかかるお金と収入減少に対応するだけでなく、ベアーズをはじめとしたパートナー企業とともに、家事代行サービスやその他生活関連サービス等、がんの治療中または治療後のお客さまの生活に役立つサービスや情報を様々な切り口から提供し、がん罹患後に働きながらがんを治療することへの継続的なサポートを目指します。

【ベアーズのがん罹患者様向け 家事代行サービス】
家事代行サービスは、仕事と家庭生活、育児と家事の両立支援、ワークライフバランス推進として多くの方にご利用いただいています。ベアーズでは、「お客様の暮らしに寄り添う」をテーマに各ご家庭にあわせてカスタマイズしたオーダーメイドメニューをご提供しており、今回のライフネット生命との取り組みを通じ、より、がん罹患者様に特別に対応したサービス提供を開始することとなりました。

担当するスタッフは、がんについての基礎知識や対応研修を受講し、コミュニケーションスキルにおいても、一定の能力を身につけたスタッフを厳選。社内で「がんとの共生」に向けた勉強会を実施し、受付からサービス提供まで、一貫した安心対応を実現し、「がんについて理解した上で、過度に意識することなく普通に接してほしい」「野菜中心のヘルシーな食事を取りたい」といった、がん罹患者様ならではのお悩みにも寄り添います。

ベアーズでは、お客様のご要望にあわせて、2013年に、高齢者様に特化して家事を支援する「シニアサポートR60」をサービス開始していますが、今回のライフネット生命との取り組みを皮切りに、病気治療中の方および、その方を献身的に支えていらっしゃるご家族へのサポート体制を強化していく方針です。

ベアーズは今回のがん罹患者様向けの家事代行サービス提供への取り組みを通じ、「病気の治療と仕事の両立」と「誰もが自分が思い描いた暮らしをおくることができる社会づくり」を支援し、社会への提言や啓発活動を行っていくとともに、お客様の暮らしに寄り添う、「安心」「安全」「快適」「便利」なサービスの提供に努めてまいります。

※1)東京都福祉保健局 「がん患者の就労等に関する実態調査」
※2)国立がん研究センター「地域がん登録全国推計によるがん罹患データ」

【ライフネット生命保険株式会社について】
ライフネット生命保険株式会社は、相互扶助という生命保険の原点に戻り、「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスの提供を追求する」という理念のもとに設立された、インターネットを主な販売チャネルとする新しいスタイルの生命保険会社です。インターネットの活用により、高い価格競争力と 24 時間いつでも申し込み可能な利便性を両立しました。徹底した情報開示やメール・電話・対面での保険相談などを通じて、お客さまに「比較し、理解し、納得して」ご契約いただく透明性の高い生命保険の選び方を推奨し、「生命(いのち)のきずな=ライフネット」を世の中に広げていきたいと考えています。
URL: http://www.lifenet-seimei.co.jp/

【株式会社ベアーズについて】
株式会社ベアーズは、家事代行サービス、ハウスクリーニング、キッズ&ベビーシッターサービス、高齢者支援サービスを、全国主要都市にて展開。CS(顧客満足度)向上のために、サティスファクショナル・マネージャー制度を設置するなど、ホスピタリティあふれる豊かなサービスを恒常的に提供できる体制作りに励んでおり、2017年2月には家事代行サービスで日本初となる認証を受けたほか、国家戦略特区における事業者認定を受け、外国人家事支援人材受入も進めております。
本年で創業18年を迎え、登録スタッフ数は4,500人超、サービス提供数は累計150万サービスを突破しました。
家事代行業界を牽引する立場として、2015年には家事の知識を伝え、職業地位の向上を目指す家事大学を設立するほか、様々な家事指導を務め、2016年放送のTVドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)においても、取締役副社長である高橋ゆきが家事研究家として、家事監修を行っております。
『女性の“愛する心”を応援する』をコンセプトに、“お客様感動度120%”を実現するために、今後も様々な暮らしサポートサービスを通じて社会にご家庭に貢献いたします。

【会社概要】
株式会社ベアーズ
代表取締役社長:高橋 健志
事業内容:家事代行サービス、ハウスクリーニング、キッズ&ベビーシッターサービス、高齢者支援サービスほか
提供エリア:首都圏1都4県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県、一部を除く)、関西地方2府3県(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県、一部を除く)東海4県(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県、一部を除く)、中四国5県(岡山県・広島県・山口県・愛媛県・高地県、一部を除く)、北海道・東北(北海道・宮城県、一部を除く)、九州2県(福岡県・佐賀県、一部を除く)
本社所在地:〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-34-5
設立:1999年10月
従業員数:393人
URL: http://www.Happy-Bears.com

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ベアーズ:広報部 :藤井(ふじい)・服部(はっとり)まで
電話 : 03-5640-0211 Fax : 03-5640-0212
e-mail: pr@happy-bears.com

このリリースについてのお問い合わせ


  • 家事代行のベアーズ 家事代行のベアーズ
  • 企業ロゴ 企業ロゴ
  • 家事代行サービス洗濯写真 家事代行サービス洗濯写真
  • 家事代行サービス料理写真 家事代行サービス料理写真
  • ライフネット生命 ライフネット生命



注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル